あこがれの作品情報・感想・評価

あこがれ1958年製作の映画)

LES MISTONS

製作国:

上映時間:26分

ジャンル:

3.7

「あこがれ」に投稿された感想・評価

Risa

Risaの感想・評価

3.8
大人は判ってくれないと共に こちらも。

女性目線としても、
白いミニスカートに自転車の綺麗なお姉さんが、黒衣の大人の女性になった事は感慨深いです。
少年達の寂しそうな顔を見て 違う意味で寂しくなりました。

フランス映画で棘を特に感じるのは女性の年齢に関する時です(笑)
あ

あの感想・評価

4.0
自転車
がく

がくの感想・評価

3.8
トリュフォーらしい短編。大人はわかってくれないと通ずるものがある。
Jean

Jeanの感想・評価

3.8
フランソワ・トリュフォー初鑑賞!
モーリス・ポンスの小説を映画化。

子供達目線で思い出を振り返る青春映画。
自転車に乗るベルナデットや子供達が当時の風や匂いを感じさせる。好奇心と出来心がノスタルジーな音楽に絡まって哀愁深く印象に残った。

ドキュメンタリー風に少年期を描いた次回作が「大人はわかってくれない」にあたるらしいので、楽しみです。
K

Kの感想・評価

3.0
授業にて鑑賞。
この時代でも逆再生の技術が使われていて驚いた。
大人の回想から語られる子供の視点。
男の子の時代の視点から語られる女性に対する視点。

自分の中から湧き上がる欲望さえも、言語化どころか、知覚できない少年時代には、憧れの女性に対しても、結局のところどうしたいかをわからない。

だからこそ、思いつく限りの悪戯を駆使してみる。
だが、彼らから見れば大人の、若い男女なんて、自分の色恋に忙しいし、憧れを抱いても特に大した人間でなかったりもする。

トリュフォーはさりげない。
僕なんてとっくに忘れてしまった時間の「あの頃」をまるで記憶を記録するかのように写し取る。

今では他愛ない時間だが、もはや、完全に失ってしまった不能の時間。
そして、あっという間に、映画は終わる、みたいなことも繋がるのかなぁと深読みするような楽しさ。

そうでもしないと、僕はこの映画をつかまえられない。
小さい頃仲よかった近所の姉ちゃんに会いたくなった
mik

mikの感想・評価

3.5
記録
みぽち

みぽちの感想・評価

3.4
大人は判ってくれないとセットに収録されてた短編。
あんなスカートなびかせ美少女いたら、男の子たちはみんな惹かれるでしょう。
>|