汚れた乳

ウエスタンの汚れた乳のレビュー・感想・評価

ウエスタン(1968年製作の映画)
4.5
オープニングシークエンスの蝿のショットがあるかないか。これが映画的表現の豊かさを物語っている。
すげぇなぁ。

西部開拓地の壮大なロケーション、近代化の波と時代に取り残されつつある男達の熱いドラマ、人生の悲喜交々を感じさせてくれるような懐の深いエンニオ・モリコーネのスコア、そして情感溢れるレオーネの演出。
そういった映画をつくるあらゆる要素の一体感が凄い。渾然一体の衝撃が観る者のハートを貫く。
完璧すぎて泣けてきた。

思えばセルジオ・レオーネの作品は脇をかためるキャラクターも魅力的だよね。『夕陽のガンマン』のリー・ヴァン・クリーフ、『続 夕陽のガンマン』のイーライ・ウォラック、『ワンスアポンアメリカ』のジェームズ・ウッズあたりは主役食ってる感あるし。
本作のクラウディア・カルディナーレ最高なんだけど、この雰囲気ってベルトルッチが参加している事と無関係ではないんだろうね。