愛の昼下がりの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 3ページ目

愛の昼下がり1972年製作の映画)

L' AMOUR L'APRES-MIDI

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

4.0

「愛の昼下がり」に投稿された感想・評価

dailyfroth

dailyfrothの感想・評価

4.0
性癖にもよるだろうけど個人的にはロメール最高のエロさで教訓話らしくひたすら溜めてのトップギアな終盤、しかもその最終話らしい完成度に目眩がする。このシリーズはそこまでの展開がわりと淡白でじらされるところがあるんだけどそれがいかに丁寧な布石であったか後からじわじわと理解されて、間を置いて評価の高まる感じがある。
adam

adamの感想・評価

3.8
いつもなら軽やかでどこか無造作に流されるところに、ロメールらしくないねちっこさがあった気がする。天からの螺旋階段ショットは、こんなにキメッキメなことするのかと逆にギャップ萌えした。結局、最後は軽やかに退けるのだからFinの文字を観た瞬間、観客全体が安堵で息をふっと吹いたのが分かった(笑)。不倫するがむしろ妻の魅力に取り憑かれ、結局は帰るべきところに帰るという、聞き覚えのあるプロット。裸の見せ方と同様に、物語の見せ方が上手いんだな、とやっぱり好きになった。
菩薩

菩薩の感想・評価

4.0
この作品を評する上でどうしても「ジャミラ」というワードを使わざるを得ないのだが、果たしてこの「ジャミラ」が通用する年齢層というのがどこまでなのか皆目検討も付かない、とりあえずジャミラなのだ。そもそも交差点で胸に垂らしたカラータイマーの様なアクセサリーを光らせながら妄想に浸るシーンといい、この作品はロメール版のウルトラマンなのではないか?そしてロメールのウルトラマンは怪獣から地球の平和を救うではなく、自らが倒れて周囲の建物に甚大な被害を及ぼすのでもなく、自らの湧き上がる性欲に抗いながら、この世の一夫一妻制という不条理に立ち向かって行く漢の中の漢なのであるが、結局は「子は鎹」と言うゼットン並に最強理論に打ちのめされた挙句、年子の作成に勤しもうとするわけである。今までとっくりセーターと言えば隠れ巨乳発見アイテムとしての有効性は確認されていたが、まさか貞操帯としての有効性まで兼ね備えているとは思わなかった。顔面に若干の難ありなズーズーのそのシャワー上がりの裸体をバスタオルで拭いてやるシーンについてだが、大事なのは脇の下、乳の下、ケツの間であり、そこをちゃんと拭いてやらないと、特に今の時期はすぐ汗疹になってしまうから気をつけたほうがいい。干渉し合わないのがいいのか、常にくっつきあってるのがいいのか、理想の夫婦の形なんてのは一生分からないが、まぁなんか、みんな上手くやれよなって思う。
紫色部

紫色部の感想・評価

4.0
2017.6.18 角川シネマ有楽町

交差点の真ん中における妄想と現実での会話、薄暗い階段の昇降、扉の開閉と灯の入切、秘書2人が送る視線、シャワー上がりの裸体、などの反復がもう天才的。買わないつもりでいたチクチクするYシャツをいつの間にか着用していること自体のサスペンス、タートルネックを脱ごうとする自分の姿を鏡の前に認めることでハッと我にかえり自身の幻想をもかなぐり捨てる、といったエモい演出にもグッとくるし、腰から下にかけてのどこまでも魅力的なズーズーのボディラインを優しく撫でる、というような、男女が一線を越える直前の最も官能的な瞬間を確かに捉えるロメールの視座もやはり卓越していてヤバい。オデュッセイアのような古典的オチも最高。傑作。「六つの教訓物語」では「モード家の一夜」の次に好き。
K

Kの感想・評価

4.0
ヒッチコックの『めまい』のオマージュ的な表現も垣間見せつつ、結局はまっとうなラストにオトナなロメールを見た。こんなものかね。
ムチコ

ムチコの感想・評価

5.0
後半ぐんぐんギアあげてく感じがすばらしかったなー。
繰り返すドアと鏡の暗示が最後に反転して示すもの。「寝室へ行きましょう」
Miver2

Miver2の感想・評価

4.0
淡々と描かれて行きながら、ジワジワと来るあの感覚。
男女それぞれの思惑とその駆け引きはお互いの気持ちが露わになりながら、翻弄したり惑わされたりしながら一線を画すあの感じが観ていてとても面白かった。
そしていきなりやって来るラスト、あの終わり方が最高過ぎる。
そんな素晴らしい作品でした。
AokI

AokIの感想・評価

3.8
電子音楽が流れ(このサントラがエレクトロニカな感じでやたら格好良い)黒の背景に赤字でクレジットが出るSF映画みたいなオープニングが格好良い。
妄想で主人公が首から下げてるカラータイマーみたいなのがピカピカ光って女性を意のままにするっていうコントみたいなシーンが笑える。そのシーンの最後に電子音楽とともに街頭に立ってる主人公の顔にズームしてく場面が無駄に格好良かった。
クロエ役を演じるズーズーがちょっとだけニンフォマニアックのステイシー・マーティンぽい。
不倫の誘惑に負けそうになる主人公が最後に取った行動がよくよく考えるとしょうも無いんだけどサスペンスフル。
それにしても嫁さんが泣いてるのに脱がしにかかってる主人公がやっぱりしょうもない(愛をもう一度確かめ合う=セックスはフランスでは一般的な感覚なのか?)

youtubeで検索して出てきたけどSt.Vincentにchloe in the afternoonって曲がある知らなかった。この映画のアメリカ版タイトルから持ってきてるのかな。
521号

521号の感想・評価

-
モノローグは好きじゃないんだけど、この作品に関しては悪くない、どうしてだろう
一

一の感想・評価

-
六つの教訓物語を「いつまでも夢なんか見てるんじゃねえ」とバッサリ終わらせるロメール、とっても大人。とっても大人なんだろうけどさすがにペンダントのくだりはアホすぎる。