愛の昼下がりの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

愛の昼下がり1972年製作の映画)

L' AMOUR L'APRES-MIDI

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

4.0

「愛の昼下がり」に投稿された感想・評価

こめ

こめの感想・評価

-
いやそれもう浮気やんって感じだけど、そういうことじゃないんだろうなー
ドキドキする映画

ロメールみてると絶対眠くなるんじゃが
ぱさお

ぱさおの感想・評価

3.5
2017.10.25 恵比寿ガーデンシネマ
〜ロメールと女たち〜
ラストが唐突だが、それだけに幸福感がじわじわくる作品。ロメール作品を全部観たい。
丘

丘の感想・評価

-
展開は違うけれど「ママと娼婦」を思い出した。ネックレスから妄想に入るシーンが面白い!パリの九区が舞台になっているらしい。
り

りの感想・評価

-
不倫してないことにはなってるけど自分の夫にされたら一番嫌なタイプの不倫だ ラストが好き
平穏な生活に侵入してくる異物のうつし方、ドアの開き方、電話の鳴り方がまあ面白い。何気ない発言をずっと後でふと思い出させて、意外な効力を持ったりする組み立てが上手い。服の演出なんか惚れ惚れするし何度も観たい。すごく面白かった。
ロメール「今日は皆さんに真面目な話があります」→闇(病み)ロメール…
minhana

minhanaの感想・評価

-
「六つの教訓物語」の最終作。このシリーズでは『クレールの膝』の次に好きです。
昔、一般公開されたようですが、なかなか観れなかった
ロメール「六つの教訓劇」の第6話。

充ち足りた生活をおくっている主人公の前に、
かつて友人の彼女だった女性が現れる。
彼女との関係は一線を越えず、逢瀬は平日の午後に限られ、
彼の職場にも堂々と出入りして、なんとも宙ぶらりんな関係が面白い。
螺旋階段のシーンでエンドでもよかったのでは。

普段、恋愛ものは観ないのですが、不思議とロメール作品は
アッサリして、イヤらしさがないので抵抗なく観れるのが好い。
dailyfroth

dailyfrothの感想・評価

4.0
性癖にもよるだろうけど個人的にはロメール最高のエロさで教訓話らしくひたすら溜めてのトップギアな終盤、しかもその最終話らしい完成度に目眩がする。このシリーズはそこまでの展開がわりと淡白でじらされるところがあるんだけどそれがいかに丁寧な布石であったか後からじわじわと理解されて、間を置いて評価の高まる感じがある。