オーケストラ!の作品情報・感想・評価

「オーケストラ!」に投稿された感想・評価

オーケストラ経験者としては絶対に見ておきたい作品。
ひねくれ指揮者がひねくれすぎた結果、劇場の清掃員にまで身を落とす。
音楽を捨てきれず、しがみついた結果がお掃除なんだけど、仕事中もリハーサルを聞くと体が勝手に指揮してしまう。お掃除用具を持ちながら指揮する姿は今でも覚えてる。根っからの音楽バカって感じがして良かった笑
あとは散り散りになったメンバーを集め、演奏会に自分たちをあの手この手でねじ込み、旧友の娘(超上手いヴァイオリニスト)と一緒に数年ぶりの本番に挑む...!!という大筋。
演奏者それぞれが楽器の性格を反映してるように思えたので、脚本書いた人は本当にオケのことわかってるんだな〜と。
あとは、タラフ・ドゥ・ハイドゥークスの面々がヴァイオリンはじめ色んな楽器をかき鳴らす所は圧巻。やっぱりすごい...!!!
音楽かじった人にはたまらない、映画としてもほっこりするいい映画だった。
AOI

AOIの感想・評価

-
やや粗めなストーリーではあるが、フィクションなので(ですよね?)楽しめた。

男性の顔の区別がつきにくく、ヘアスタイルでなんとなく判断
yohey

yoheyの感想・評価

3.4
前半で寝落ちを繰り返して、数日がかりでなんとか鑑賞。
バイオリニストはアンドレイとギレーヌの隠し子だとばかり、、、ラストの演奏は想像以上に盛り上がった。
jedipapa

jedipapaの感想・評価

4.8
久々に再見。はちゃめちゃな展開、圧倒的な音楽、そしてメラニーロラン!やっぱりいい!
30年前ぶり復活したロシアの交響楽団がパリで公演するまでを描く。

1980年、共産主義時代、ロシア・ボリショイ交響楽団から多くのユダヤ人が連行され、それに反対した天才指揮者のアンドレイは絶頂期にも関わらず楽団を解雇される。アンドレイはいつか復職する日を夢見て、30年にもわたり劇場清掃員として働いていたがついにチャンスが訪れる。

パリでクライマックスを迎えますが演目はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。天才指揮者アンドレイが選んだソリスト(ソロ)との関係がこの映画のポイントとなるのですが、国民の心情が中々見えてこないこの時代のロシアだけに夢を持っていた沢山の才能が埋もれてしまったんじゃないかと考えさせられます。

背景を知ることでヴァイオリニスのメラニー・ロランの美しさと存在がさらに際立ち見惚れてしまいました。
鳥肌。
ラストのためにもちゃんと観ておくべきだし、ラストだけで3回以上は楽しめる。
いくら寄せ集めの設定でもさすがにそこまで雑にしなくても良かったのではないかと煩わしく思った。
でも最後は壮大な背景を思い泣けた
2019-44

途中寝たりしたけど…ラストのチャイコフスキーに感動!!
スパシーバ!
頭悪いから中盤までの早足の展開についていけなかったけど、最後に全賭けして正解だった!クセになる
>|