ソウの作品情報・感想・評価・動画配信

ソウ2004年製作の映画)

Saw

上映日:2004年10月30日

製作国:

上映時間:103分

3.8

あらすじ

「ソウ」に投稿された感想・評価

少し怖かったけど
さすが
ギネスに載るだけあって
意味深ですー
ソウ2も見なきゃ⤵︎
明日は人魚
これは初めて見たときは衝撃でしたねー((( ;゚Д゚)))!!

大学生くらいの頃、流行っててTSUTAYAでレンタルして見ました♪何年前だろう、、?

このシリーズは大人気で続編が出る度チェックしてた人達は多いと思います!

でもお子さんには決してすすめられないし、見せないでください(*^^*)笑

シリーズ全作見ましたが、残酷さはどんどん増していきます!

でも衝撃度が一番高かったのはなんと言ってもこの一作目ですよね!!

ジグゾーの声、迫力あって雰囲気抜群です(ФωФ)怖すぎる!♪

あのジグゾーの顔!も、ジェイソンくらい有名なはずです!

あと、ホステルシリーズも流行ったけれどあれだけは見れないです、トラウマ映画です( :゚皿゚)
Miyuki

Miyukiの感想・評価

-
途中でやめた
終わりが好き
彗星

彗星の感想・評価

3.5
ぐろい。
ゆい

ゆいの感想・評価

-
小学生のとき、興味本位で1人でみて後悔した

このレビューはネタバレを含みます

あらすじ…満水のバスタブの中で目覚めるアダム。溺死しそうになるが、栓を抜いて無事脱出→暗闇の部屋の中にはもう一人、ローレンスが居た→二人は鎖で足を繋がれ、部屋の両端に拘束されている。真ん中には『銃とテープレコーダー』を手にした男の死体→アダムのポケットの中には『カセットテープ』、ローレンスのポケットの中には『カセットテープとカギと銃弾』→レコーダーを使いテープを再生しヒントを得る。『ゲーム開始』。時刻は10時。6時までに脱出しないとローレンスの妻子は殺される→トイレのタンクの中に袋。中にはノコギリが→ローレンス、犯人に心当たり→連続猟奇殺人の容疑者として取り調べられた経験あり。その真犯人の仕業と読む→真犯人は『生に感謝しない人間に、生の有難みを知らしめる』のが目的らしい→捜査に当たっていた刑事・タップ、真犯人をあと一歩まで追いつめながら取り逃し、同僚まで殺され、精神を病んで警察を辞めることに→ローレンスの妻子、自宅で何者かに拘束される→妻からの電話がキッカケで、アダムがローレンスを嗅ぎ回っていたパパラッチと発覚→アダムを雇ったのはタップだった。犯人はタップと推測するローレンス→しかし、アダムの写真に写っていたのは病院職員のゼップ→ゼップはローレンスの自宅に。時刻は6時、タイムアップ。ゼップ、妻子を殺すつもりが、妻の反撃にあう。そこにローレンス家を見張ってたタップ乗り込む→追跡。監禁場所に向かうゼップ、追うタップ→監禁場所内で、争いの末にタップ死亡→監禁部屋の中、ローレンスとアダムの反撃でゼップ死亡→足をノコギリで切断してたローレンス、助けを呼びに外へ→取り残されたアダムの目の前で、部屋の真ん中にあった死体が立ち上がる。この死体が真犯人。正体は、ローレンスに末期癌を宣告された患者・ジョンだった→『カギはバスタブの中だ』と言い残し、部屋を去るジョン。でも、カギは排水口に流れてしまっていた。暗くなった部屋に響くアダムの悲鳴。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なるほど、『ドンデン返し』と言って良い結末。

途中、イマイチ『出来事の間の繋がり』がハッキリ見えずモヤモヤした展開が続く。
それがラストで一気に回収される。ここの『爽快感』があるからこその高評価、続編制作、といった感じ。


でも『よく8時間も死んだフリ出来たな』という感じはする。

『俺は生きたくてもいきられないのに!生を無駄にしてるヤツにお仕置きだ!』と言う、真犯人・『ジグソウ』ことジョンの考え方と行動。
これに反論するカタチでの『独善的考えの押し付けは大迷惑』『自分の価値観に固執するのは良くないよ』とのメッセージなのか?よく分からない。





ダニー・グローバーが怪しいぞ→やっぱりダニー・グローバーが犯人か→あら?ダニー・グローバーは良いヤツか?…なんて具合に、全く推理が当たらず。

推理が当たったのは『ローレンスと看護師はデキテルな』と睨んだトコだけだった。
ヤナ

ヤナの感想・評価

4.0
SAWシリーズの1作目。
バスルームに繋がれた2人の男。そして、彼らの命を賭けたゲームが始まろうとしていた。なぜこの2人が選ばれたのか、2人は生きて脱出できるのか。
話がよくできてて、面白かったし、ラストは絶望した。映画はどれだけ予算が少なくても、アイデア次第でどうとでも、すごいものが作れるのだということを見せつけられましたね。
ただ、2作目以降はグロさが増す上、あまり評価が良くないということで、シリーズを観続けるかどうかは検討中。
>|