ミーン・ストリートの作品情報・感想・評価

「ミーン・ストリート」に投稿された感想・評価

miyagi

miyagiの感想・評価

3.0
スコセッシ初期の頃の作品。
ロバートデニーロがめちゃくちゃ若い。

青春物語ではあるが、ストーリーの中身はわりとスカスカで、実験的な映像やとにかくおしゃれな劇中歌を楽しむ分にはいいかもしれない。
オープニングがめちゃくちゃカッコいい。

銃の使い方がかなり唐突で面白い。
借金を返せないロバートデニーロが徐々に狂っていく様もさすがといえよう。

ただ、思いっきり黒人差別をするようなセリフがあったり、あとやはりストーリーが面白いと感じられないのが正直なところ。
スコセッシの初期の名作映画で、若々しいエネルギッシュさを感じます。
音楽も最高です。出だしのロネッツの「Be My Baby」にローリング・ストーンズの「Tell Me」に「Jumpin' Jack Flash」、デレク・アンド・ザ・ドミノスの「I Looked Away」などなど。音楽ヲタクである僕からすると非常にシビれる選曲だと思います。途中ギャング社会がよく分からない物からすると謎で少し退屈に感じてしまうシーンもあるんですが、やはりこういうテーマの知的な映画はスコセッシにしか描けないであろうと思いました。初期の傑作です。
マーティンスコセッシ初期作品

オープニング、ハーヴェイカイテルがベッドから起きてロネッツの「Be my baby」が流れる最高のシーン

デニーロの腐れ演技、イタリアンマフィア、イエス・キリスト、ローリングストーンズ、暴力、スコセッシのお母さん
これを見ただけでスコセッシの全てがわかる映画
 面白かった
なごむ

なごむの感想・評価

2.2
覚えてない、、
マーティン・スコセッシがタクシードライバー前、デ・ニーロがゴッドファーザー前の作品。
ニューヨークのイタリア街を舞台に繰り広げられる青春劇。酒、女、金、友情、まさに男の本質というもの、人生楽しんだもの勝ちということを今の自分に見せられた。アメリカンシネマ、シーン毎に劇中歌がいい感じ。
アメリカンニューシネマ感が凄い〜。タクシードライバーやゴッドファーザー2より前のデニーロが見れる。わっか。
natsumi

natsumiの感想・評価

-
罵り合いが控えめなタランティーノっぽい会話劇。ギャングものにしてはバカが多くてロバートデニーロのキャラがクズ。ながら見だけどあんまり好きじゃないかな。
>|