暁の偵察の作品情報・感想・評価

「暁の偵察」に投稿された感想・評価

リチャードバーセルメスが泣きすぎで後々コンドルでチラッとケイリーグラントの瞳から涙を零すショットに比べると落ちるものの、死んだら次のやつが引き継いだり、遺品がチャチなキーホルダーだったり、敬礼して死ぬ、灯油に火をつけて滑走路を作ったり、二階に泊まっている部下のところに階段を登っていく場面は崇高。
ホークス映画なのに女でてなくね!?
白

白の感想・評価

2.0
万全を期してまた観たい。
AS

ASの感想・評価

4.2
@シネマヴェーラ
takandro

takandroの感想・評価

3.5
ホークス飛行機撮るのめちゃ好きだな。
飛行機乗りとしてはスピンからの回復は見事だった。
mingo

mingoの感想・評価

4.1
ハワードヒューズが妨害を行ったにも関わらずヒットしたらしいが押井守の「スカイクロラ」の元ネタであり、日本で言う神風特攻隊と同じく最前線航空部隊で散っていく若者たちの葛藤と焦燥を描きつつ、武士道ならぬパイロットの騎士道精神を活写している傑作。「レッドバロン」などでお馴染み、敵の葬儀に花輪を落とすさり気ないシーンだったり、ガソリンを注入するかのように酒を浴びる男たちだったり、何より弟を死なせてしまったから親友を酔わせて俺が行く(逝く)!の生死を超えた友情いやもはや使命にかなり胸打たれた。。。機関銃でタタタタッて戦闘機に穴が開く描写好きなんだよなあ。あの瞬間終わった、、、て思うけど、死に際の清々しさは今では決して表現できないだろう、
moku

mokuの感想・評価

4.3
戦闘機のシーンが飛行&戦闘はじめ全て素晴らしくて舌を巻く。
さすが元、軍の飛行部隊教官だったホークスの分かってる感が凄い。

無事に帰って来た人数を飛行機のエンジン音で推し量る男達。黒板から消える名前。
そしてまた新たに送り込まれて来る経験不足の若いパイロット。
…苦い。

終盤のリチャード・バーセルメスには泣かされてしまったよ。


<ハワード・ホークス監督特集 II @ シネマヴェーラ>
SKE

SKEの感想・評価

4.2
戦闘機が離陸し着陸するときの滑走や、空中戦を撮るときの執念。どうやって撮ったのか。
今回見た3本の中では1番面白い。
弟を失くした親友を酔わせて自分が代わりに出撃するという、所謂男泣き系。
戦闘機同士のドッグファイト、この時代にここまで見事に撮れるんやね!
あのホークスの割にめっちゃ暗くて驚いた…
tokio

tokioの感想・評価

3.5
Rec.
❶19.04.20,シネマヴェーラ渋谷/ハワード・ホークス監督特集Ⅱ
2016/12/17 ~ 2017/01/13
山田宏一セレクション ハワード・ホークス特集