スピードの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

スピード1994年製作の映画)

Speed

上映日:1994年12月03日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

「スピード」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

2.2
サンドラブロックの出世作。
joseph18

joseph18の感想・評価

4.4
エレベーターに仕掛けられた爆弾。
爆発を阻止したジャックに対して、因縁を持ち、次はバスに爆弾仕掛けて、80km/h以下になると爆発する。

キアヌがとりあえずカッコ良すぎるやろ。
冷静な判断と行動力、アクションでも、
エレベーター登る所、バスに乗り移る所、下に潜る所もうすごいカッコ良かった。

テンポがいいし、サクサクすすむ!
でも、バスからの〜のところはいるかな?
andre

andreの感想・評価

5.0
キアヌのためにある作品。
日本に来日した時の、
ロン毛キアヌにまだ憧れております。
サンドラ・ブロックは本気で好きになったって聞くし。いや、あれは惚れるわ!
デビ

デビの感想・評価

4.0
展開が早く、中だるみしないため最後までハラハラしっぱなしで集中できるいい映画だが、高速道路のジャンプはやり過ぎw
KH

KHの感想・評価

3.9
アクション映画の金字塔 兼 キアヌの出世作。
公共交通機関で繰り広げられる、SWAT隊員のジャック(キアヌ)と爆弾魔(デニス・ホッパー!)の因縁の戦い。
久しぶりに再鑑賞しましたが、変わらず エンターテイメントとして楽しめました。

このキアヌに夢中になった女性は周囲に多いですが、
ヒロインのサンドラ・ブロックもその一人だったらしく、当時のキアヌのイケメンぶりが伺えます。
ponyo

ponyoの感想・評価

2.2
サンドラブロック美人
おこめ

おこめの感想・評価

3.7
キアヌ・リーブス×サンドラ・ブロック

映画冒頭から主人公ジャックの正義感、優秀さを伝えるスピード◎

敵役→同じ職業(警察官)で爆弾のプロで身を削ったのに見返りが何も無かった警察組織に敵意を抱いていたというしっかりした設定○

バスがどうやったら爆発するのか、そのバスに乗り合わせてしまった人たちの団結していく様子など、設定や描写○

ルールを無視したらどうなるかという残酷な描写がしっかりある事によって画の中はもちろんの事、観る側にも緊張感がしっかり走る。
ハリーの死も見てて普通に悲しかったし、序盤での2人が賞を受けるシーンが描かれていた事によってハリーへの感情移入もし易い○

あのメンタル激強なジャックが、ハリーの死を知って絶望に落ちる感情変化が描かれているのも◎人間味。

最後まで飽きさせないもう1展開用意してるのも○
身代金の話が終盤からシカトされてたから、このまま終わるのかなぁと思ったらそんな訳なくて安心。笑

最後の敵役とジャックの車外でのアクションは正直あそこで戦う必然性が無さすぎて笑った笑笑 絶対にあの年齢差じゃ普通ムリでしょ笑
はっち

はっちの感想・評価

4.2
【空港って大嫌い…】



は〜カッコいい(*´ω`*)
なにが?って聞かれたらもう、全部✨✨

どうやっても逆にやらなくてもアウトという八方塞がりな展開が堪りません。

「こうするんじゃない?ああするんじゃない?」

という憶測ができない!

次から次へと展開がスピーディに進むので憶測や予想をするヒマを与えてくれない!


キアヌめちゃくちゃカッケェ(*´ω`*)
イケメンは坊主でもイケメン!
もうこのイケメンさはもはや罪…

男目線からでもキュン死しそうだったんで、女性目線からしたらもっとヤバそう😇


サンドラ・ブロックの作品は初見でしたが、めちゃ美人だだだ。
若い頃がこんな美人だったなんて知らんかったし!
それならそうと言っといてや😭
油断してたやん!😭
サンドラの他の作品も観てみよ〜
おススメがあれば誰か教えてくださいm(_ _)m

キアヌもサンドラもこの作品が公開された当時、30歳…
え、30?ほぼ僕と同い年(°_°)
30でスターになるとか早すぎィ!




音楽もめちゃくちゃいい♪

緊張感、緊迫感全てにおいて音楽のチョイスが素晴らしい‼️

キアヌをはじめとする出演者みんなカッコいいけど、ハマったのはバスに乗り移る為に車を奪われた男😎
なんかあの人良かった。
ほんまにチョットしか出てなかったけど。
なんかかわいそうな男って感じがいい!


「異常な事態で結ばれたカップルは長続きしない」

そうなん?
そんな経験したことないからわからんわ。ケッ!




よく考えたら

「50マイルを下回るとすぐ爆発」

ふ〜ん50マイルねぇ。

ん?
50マイルて言うと時速80キロか。

いや、80キロ維持しながら一般道突っ走るとか無理無理💦

普段から毎日車を運転してる身から言われしてもらうけど、80キロって相当やで…

80キロなんて一般道で出したら…

免停…

ん?そんなことできるくらいだからアニーは免停食らってたのか😳




🚌🚌🚌🚌🚌🚌🚌🚌🚌🚌🚌🚌🚌🚌🚌



※笑ったシーン

・バスが空港に入っていくシーンでの会話


「空港だ」

「そうだ。だから?」

「もう見物したよ」

「はぁ(´ω`)」

なんかワロタw




※気になったシーン

・ベビーカーに大量の空きカンを詰めたオバさん

空きカンの数が多すぎる笑
あなた普段どんな生活してんの?って思った😂



・キアヌが階段を降りるシーン

いや、早くない?
降りるの早くない?
こんな早く降りたら足の裏痛めるって!
それか疲労骨折するって😳
✴︎経験者は語る(´・ω・`)




続編も観たい!

と言いたいところ。
続編はキアヌ出てないけどサンドラ出てるし監督も同じでそこまでガラリと変わってないと思うんやけど、なんか評価がバカ低いからスルーしとこ(´ω`)
やはり1作目は越えられないか…



・この作品でキアヌとサンドラがスターに
・G-SHOCKがバカ売れした

公開された当時はたった4歳のちびっ子だったのでそんなことちっとも知りませんでした😭
でも、これから過去の名作に出会えるという特権を持ってるってことだもんね(о´∀`о)
これからたくさんの名作に出会ってやりますよ!









ジャック

★キアヌ・リーヴス

「マトリックス」のハチペディアに記載済み。




アニー

★サンドラ・ブロック

バージニア州アーリントン生まれ。ドイツ人の母はオペラ歌手、アメリカ人の父はボイストレーナー。大学を中退後、インディーズ映画を経て「スピード」(94)でスターに。
「しあわせの隠れ場所」(09)でアカデミー主演女優賞を受賞。


他の主な出演作品

「失踪」

「デモリションマン」

「あなたが寝てる間に…」

「ザ・インターネット」

「恋する泥棒」

「評決のとき」

「ラブ・アンド・ウォー」

「スピード2」

「微笑みをもう一度」

「プラクティカル・マジック」

「恋は嵐のように」

「ガンシャイ」

「28DAYS」

「デンジャラス・ビューティー」

「完全犯罪クラブ」

「ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密」

「トゥー・ウィークス・ノーティス」

「クラッシュ」

「デンジャラス・ビューティー2」

「イルマーレ」

「シャッフル」

「ウルトラI LOVE YOU!」

「あなたは私の婿になる」

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

「デンジャラス・バディ」

「ゼロ・グラビティ」

「選挙の勝ち方教えます」

「オーシャンズ8」

「バード・ボックス」






ペイン

★デニス・ホッパー

カンザス州ダッジ・シティ生まれ。10代から端役で映画出演をし、「理由なき反抗」(55)などに出演。
69年に監督・脚本・主演の「イージーライダー」を発表し、アメリカン・ニューシネマの旗手になる。
しかし、ドラッグやアルコール問題をたびたび起こし、トラブル魔というイメージがついてしまう。
86年の「勝利の旅立ち」でオスカー候補となり見事復活を果たす。
10年5月29日、前立腺ガンのため死去。息子ヘンリーも俳優に。


他の主な出演作品

「ラストムービー」(兼監督)

「アメリカの友人」

「地獄の黙示録」

「ランブルフィッシュ」

「ブルーベルベット」

「ハートに火をつけて」(兼監督)

「インディアン・ランナー」

「スーパーマリオ」

「トゥルー・ロマンス」

「ウォーターワールド」

「バスキア」

「沈黙のテロリスト」

「ノックアラウンド・ガイズ」

「ザ・キーパー」

「ランド・オブ・ザ・デッド」

「狼の街」

「ヘルライド」

「エレジー」

「チョイス!」

「最終突撃取材計画!」

「パレルモ・シューティング」
>|