singer

スピードのsingerのレビュー・感想・評価

スピード(1994年製作の映画)
-
いやぁ、やっぱりアクション映画は90年代だなぁというか。
当時はまだ、コンピューターグラフィックスや、
特殊効果も今程進歩してなかった時代だったんで、
アクションシーンにメリハリがあったなぁと改めて思い知らされましたね。

初めて観た時に、思わず興奮したシーンは、やっぱり鮮明に覚えてるし、
当時のアクション映画には、コンピューターに依存しない、
閃きや、工夫や、捻りがちゃんとあって、
名作と言われている作品には、そういった光る部分は必ずあったし、
ストーリーも秀逸なものが多かったように思います。

この「スピード」も、そんな90年代アクション映画の中で、
屈指の名作だと思うし、改めて見返しても、
やっぱりハラハラドキドキさせられてしまうんですよね。

そして、いいアクション映画には、良い悪役が必ず居て、
今作のデニス・ホッパーも、抜群の存在感を示してくれるし、
キアヌ・リーヴスとの対決に、最高の緊張感を持たせているなぁと。

そんな、優れたアクション映画を構成する要素が、
タップリと詰まっていて、その醍醐味をじっくりと楽しめる傑作だと思います。

今の映画ファンが初めて観た時、どんな感想を持つのかが楽しみな気がするけど、
最近のアクション映画には、
こういうアイデアに満ちたものは少なくなってしまったなぁと。
その点は、最近の洋画離れの原因にもなってる気がします。