あな

25時のあなのレビュー・感想・評価

25時(2002年製作の映画)
3.5
2時間30分の長時間な今作、どうでもいいような会話やシーン、いくつかあったから切り取ってしまえばもっと短縮できたのだとは思うが、僕はそれらのおかげで大いに黄昏られた。社会にへばりついてる感が風貌、口調、会話の内容、あと諸々からひしひしと伝わってきてそれがまたしぶくてカッコいい!カッコつけしいの高校生の僕にとっては最高の作品だ。もう最初から最後まで痺れまくり。ラストなんかハンパねぇ。(殴られるシーンね)あれが男泣きシーンってことですか!!!?
良作!