「アーティスト」に投稿された感想・レビュー

ちよめ
ちよめの感想・レビュー
2017/02/03
4.0
何も言われず見せられたら古いモノクロサイレント映画だと思うだろうけど公開は2011年。
純粋に素敵な映画だった。物語は王道だけれどこれは現代にしか撮れない作品だと思った。演出が粋で良かったな〜

ジャックラッセルテリアが素晴らしい活躍をしていてマイロ〜マイロ〜( ; ; )
って思いながらみてたけどマイロ(映画『マスク』)ではなくジャック、本名アギーですね…活躍の仕方が少し似てる気がした。名演技に拍手!!
mukku
mukkuの感想・レビュー
4時間
4.4

時代という節目でどう生き残るか
自分に問わなければいけないと思う

この作品は彼の終盤の無音の中で響く悲鳴が
悲しく、その有様が時代という目に見えない節目を作品を通して観ることが出来て良かった。


この作品は間違いなく名作です!
MAKO
MAKOの感想・レビュー
2日
4.0

この映画は白黒でサイレントの映画です。
評価がいいのは知っていましたが果たして、私は飽きずに観ることが出来るのかと思いましたが、予想を反してとても面白く引き込まれました。

1927年当時はサイレント全盛でしたが、段々とトーキーが作られるようになります。サイレントでは有名な大物俳優もトーキーの波には勝てなくなりました。 

音声がないぶん、音楽が心情を表していました。 
とてもよくできた映画でした。

初めてサイレントの映画を見ましたが違和感はありませんでした。最後のタップのシーンは素敵でした。 
それと、犬の演技が素晴らしかったです。賢くてチャーミングでした。
ゴロエ
ゴロエの感想・レビュー
2日
3.7
白黒サイレント映画でアカデミー賞ってすごい 出てくるセリフ、「カット!」と「アクション!」だけなのに脚本賞にノミネートされたのもすごい笑

サイレント映画からトーキー映画に。その過程でミュージカル映画が生まれる。まさに『雨に唄えば』へのオマージュ。あのダンスまた観たくなった

ホントに犬の演技がすごいんだけど、カンヌではパルムドッグ賞あるらしくてもちろん受賞してて可愛い🐶笑
しんたろー
しんたろーの感想・レビュー
3日
4.0
サイレントなのに感動
fushimina
fushiminaの感想・レビュー
3日
3.2
無声からトーキーに移り変わる時代の、役者同士の心の繋がりが美しかった。

犬の演技が個人的にブラボーでした。
のあ
のあの感想・レビュー
5日
3.6
BSにて。
今どきあえての白黒映画、それもサイレントと聞いていて、ずっと観たかったのでやっと鑑賞できました。

サイレントからトーキーへの変遷期、というとどうしても「雨に唄えば」と比べてしまいますね(笑)
あちらはトーキーへの変化で成功したお話ですが、こちらは影の部分も描かれています。
これをサイレントで作ったというのは本当に発想の勝利です。
先の読める話ではありますが、1920~30年代の雰囲気が音楽や衣装やセットから伝わってきて、そういった部分で楽しめます。

それからなんといっても犬!
キュートなわんこのためだけに観てほしいと言っても過言ではないです(笑)
りんごちゃん
りんごちゃんの感想・レビュー
6日
3.2
サイレント映画だけどときどき無声と音とが混じってそこは面白かったかな
ゐ
の感想・レビュー
2017/04/18
2.0
どうしても無声映画となるとチャップリンとか思い出して
そう思うと古いサイレント映画の密度すごいなってなっちゃう
けど、いま改めてサイレント映画を作るって面白い、他にもやったらいいのにって思った
川しま
川しまの感想・レビュー
2017/04/18
4.0
サイレント映画が廃れ、トーキー映画に移っていく様子をサイレント映画で撮ったところに巧さを感じる。どうしても、うまく作られてるな〜っていう視点で見てしまって、あまりのめり込めなかった。
犬が病室で寝てた。

この映画からも、ララランドみ。
>|