アーティストの作品情報・感想・評価

アーティスト2011年製作の映画)

THE ARTIST

製作国:

上映時間:101分

3.7

「アーティスト」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.0
何も言われず見せられたら古いモノクロサイレント映画だと思うだろうけど公開は2011年。
純粋に素敵な映画だった。物語は王道だけれどこれは現代にしか撮れない作品だと思った。演出が粋で良かったな〜

ジャックラッセルテリアが素晴らしい活躍をしていてマイロ〜マイロ〜( ; ; )
って思いながらみてたけどマイロ(映画『マスク』)ではなくジャック、本名アギーですね…活躍の仕方が少し似てる気がした。名演技に拍手!!
あー

あーの感想・評価

3.7
犬すご🙌
orz

orzの感想・評価

3.5
無声映画からトーキーへの転換で、没落する無声映画の俳優ジョージと、対称的にトーキーで活躍し大人気になった新人女優ペピーのお話。なので、2011年の作品だが全編モノクロのサイレント映画。

話自体は『雨に唄えば』を思い出す。社長の前でダンス披露したりオマージュかな。

ラストシーンの演出はなんとなく予想できていても良かった。ジョージの夢のシーンからなんとなくこうなりそうだと思ったけれど。

オススメポイントは犬のジャック。全力で走ったり芸を披露したりの名演技。
終始退屈でこの上ない、つまんない内容の映画だった。
そもそもこの時代にサイレントにする存在意義が見いだせない。ストーリーからしてわからなくもないんだけど、現代映画に沿うようなアイデアが全然ないし、音楽もうるさすぎるし、オマージュか何かの仕掛けがさらに不快だった。しかも、この斬新なアイデアすごくない?って言わんばかりの「賞狙い」のスケベ心が随所に見え隠れしていたし、役者の演技の酷さも際立っていた。チャップリン級の強烈な役者がいないとサイレントも映えないんだなと身に染みてわかった。

サイレントに興味があるなら、純粋に先人の名画を調べて漁ったほうが余程感動できるかと思います。

但し、犬の名演技(もともとは捨て犬だったらしい!)だけは酔わされたのでそこの部分で点数を上げておきます。
O

Oの感想・評価

-
Record.
タケシ

タケシの感想・評価

3.8
白黒サイレント映画は初めて。

最後まで見飽きないぐらい
シンプルに面白かった。

こういう映画、作りたくなるw

アカデミー賞や様々な賞を受賞するのは納得!
つん

つんの感想・評価

3.7
最後1/3くらいはいい感じに仕上がってます、犬が素晴らしい、ヒロインも可愛いね
シャレオツ‼︎
ごじ子

ごじ子の感想・評価

3.0
トレイラーに「犬に演技賞が与えられた」という記述あり、大いに期待して臨む。さて本編上映。おお、職人が誇りと自信を持って作り込んだ映画好きのための映画ですね。主役の女性がどうにも現代的風貌で本物のサイレント映画に見えないところが、はじめは時代考証ミスかと思っていたが「後の時代の象徴」という役割を持たせるため、敢えて浮かせたのかなと考えながら劇場を後にする。
ak

akの感想・評価

3.5
犬に助演男優賞あげてくださいってくらいわんちゃんがすごい笑
映画館でみればよかったなーとしみじみ思った
>|