Qちゃん

十字砲火のQちゃんのレビュー・感想・評価

十字砲火(1947年製作の映画)
4.0
エドワード・ドミトリク監督がユダヤ人殺人事件を扱ったサスペンス映画🎥
内容的にデリケートな問題も含まれていたためか、日本初公開は1986年とのこと。
冒頭の殺人シーンは犯人を判らせないように「影だけの描写」とするあたりが上手いのと、物語途中で酔っぱらった兵士目線で描いた画面がボヤけるシーンも上手いと思った。

物語は、第2次世界大戦終結後の混乱期に、あるユダヤ人が殺されて、被害者と長い時間を過ごした(ユダヤ人と)初対面だった兵士が指名手配される。
ただ、観ているうちに、指名手配されている兵士は本当の犯人でなさそうなことが判ってきて、「真犯人は誰か?」という興味でこの作品を終わりまで飽きることなく観た。

女優の登場シーンが少ないので、兵士(男)や刑事たち(これまた男)と男中心の映画になっているので、やや華がない感じはするものの、出演者がロバート・ヤング、ロバート・ミッチャム、ロバート・ライアンなどで個性的な俳優が多い。出演俳優に「ロバート」も多い(笑)

なかなか面白いサスペンス映画だった。