kazu1961

ビバリーヒルズ・コップのkazu1961のレビュー・感想・評価

ビバリーヒルズ・コップ(1984年製作の映画)
3.8
「ビバリーヒルズ・コップ」
原題「Beverly Hills Cop」
1985/4/27公開 アメリカ作品 2018-131
再鑑賞

テーマソングがずっと頭の中に残ってる作品ですね!この映画は製作費が1500万ドルに対して、興行収入3億ドルを超えた大ヒット作品になりました。エディ・マーフィを伸し上げた作品であり、サウンドトラックや主題歌も大ヒットしまたね。
勧善懲悪の分かりやすいストーリー展開と銃撃戦、グラミー賞をとったサントラでも分かるように見事にマッチングした素晴らしい音楽、そして何よりもアクセルと芽生えていくビバリーヒルズ署のタガード達との友情と信頼、このストーリー展開は心地よいですよね。
何度観ても楽しめる作品、これも名作のひとつの条件ですね。

主演を務めたエディ・マーフィにとって若手刑事アクセル・フォーリーはハマリ役となり、本作の大ヒットにより一流俳優の仲間入りを果たし、その後シリーズ化された。また、ハロルド・フォルターメイヤーのサウンドトラックやグレン・フライが歌う挿入歌「ヒート・イズ・オン」もヒットした。その後、1987年に「ビバリーヒルズ・コップ2」、1994年には「ビバリーヒルズ・コップ3」が製作された。監督はマーティン・ブレスト、音楽はハロルド・フォルターメイヤー、編集はビリー・ウェーバーとアーサー・コバーンが担当。出演はエディ・マーフィ、ジャッジ・ラインホールドなど。