どーもキューブ

ミスター・ミセス・ミス・ロンリーのどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

3.8

このレビューはネタバレを含みます

 ATGイン神代辰巳



原田美枝子脚本、神代辰巳監督。

ある小説の感想をつづるノートと鉛筆。

画面には原田が電柱に手錠につながれている。

なんか新しいさを感じた。歩道にバンドが居たり。)

宇崎が運転する車に彼女がのる。

その後企業の金をめぐる口聞き役、ランニング姿が眩しい原田芳雄が加わり、

三人の奇妙な共同生活が始まる。

時折酒を飲むシーンがありますが確実にマジ飲みかなーというシーンあり。

のち三國連太郎の社長さん、故名古屋章のオカマ(上手そしていそー)

「もうちょっと次は場所をえらびたまえ」

謎の富豪故天本死に神博士が助演。

2008年9月れびゅー

追記
神代監督の自由な小説風、欧州映画のよう。

ふらふらして可愛さをぶちまける原田

完全なるATG俳優原田のくだまきなランニング姿

クリミナルな感じもぐちゃぐちゃにきままにだだ廻したミセスロンリー。