シャッター アイランドの作品情報・感想・評価

シャッター アイランド2009年製作の映画)

Shutter Island

上映日:2010年04月09日

製作国:

上映時間:138分

3.7

あらすじ

「シャッター アイランド」に投稿された感想・評価

僕が小学生の頃に公開され、中学生になってから母とDVDで見て、中学生には難解すぎるストーリーだったので福祉を学ぶ大学生になってもう一度視聴…

精神病を患う犯罪者が入所する精神病棟となっている絶海の孤島"シャッターアイランド"。そこで一人の患者が行方不明になり、連邦保安官のテディとチャックは島の謎に迫るというお話

大学生になっても謎解きと伏線回収が難解すぎました…笑
ただ医療職種の母が言うには「専門家が見るとなかなかおもしろいけど、個人的にオチは嫌い」とのことでした(^◇^;)
ネタバレはしませんが、たくさんの伏線を回収するような"どんでん返し系"の映画だと思います

個人的には「主人公が人間らしい刑事、戦後1950年代、誰も出ることができない孤島、味方はいない」という設定が最高によかったです(好きな設定オンパレードでした笑)
あとレオ様の演技がやっぱりいいですね✨
彼は歳をとるほどすごいです

残念だったのは何と言っても難解すぎる展開💦
急に知らないおじさんが出てきて「いやお前は誰やねん」となったり、そんなに謎解きをしていなかったり、好き嫌いの分かれるオチだったり…
Filmarksではそれなりに評価が高いですが、賛否両論分かれる作品だと感じます

本作のテーマ"ロボトミー手術"、映画を見る上で重要なので福祉学生として解説しなければいけません…笑
ノーベル賞を与えられた医学治療の一種で、統合失調症やうつ病などを患う精神病患者の脳の神経を切断して「おとなしくさせる」治療法です
幻覚妄想や支離滅裂な言動や暴力を抑えるための治療ですが、患者の人格がなくなる(無気力、感情反応低下、受動的など)というデメリットがあります
※名作『時計じかけのオレンジ』はロボトミー手術を否定していると、自分は勝手に解釈してます

当時は医学知識が現代より少なかったことから画期的な方法として話題になりましたが、今では「倫理的にいかがなものか?」という批判があります
この知識さえ踏まえていれば、『シャッターアイランド』が伝えたいテーマもわかるかと思います!
cr

crの感想・評価

4.0
頭をフル回転させるミステリーが観たくて鑑賞。最後の最後まで真相が分からなくてドキドキしたー!コロコロ変わる展開と最後の畳みかけにただ圧倒。たったの一セリフの重みがすごい。観てる側を試すような仕掛けもあって、後からなるほど〜と思うことが多い。もう一回観たい!
ngk

ngkの感想・評価

-
話自体はダークだけど、後味はさわやかな気も
TJ

TJの感想・評価

5.0
悲しい映画でした。

どっちがリアルなのか、最後までドキドキしました。

最後のセリフがやばい。

モンスターのまま生きるか、善人として死ぬか

善人として死ぬことを選んだディカプリオは幸せなのかな?

ストーリーをわかった上で、もう一回観たいです。
1回見ただけじゃ謎が多すぎて分からない、、、!
醤油

醤油の感想・評価

3.6
何が一体真実なんだ…!と思いながら観てたので、終わりが来たときにこれは真実なんだなとやっと安心して見終えた
shimikazu

shimikazuの感想・評価

4.0
 最後のどんでん返し。すごくよかった。観終わった後、ソッコー解説サイト行って全ての謎がスッキリしました笑
 
 全部わかってから思い出してみると最初から最後まで伏線がめちゃめちゃ散りばめられてて緻密に練られてるなーと。
 途中オチがわかったような気もしたけれどそれすら陰謀論なんじゃないか?と最後の最後まで自分は惑わされました。 
 ラストのセリフが印象的…

 終始重めな上長いので体力がある時に見ることをお勧めします、、
DITA

DITAの感想・評価

4.0
面白かった。
序盤から随所で違和感を感じていたけれど、理由が分からず途中で混乱。
終盤で納得。で、切ないラスト。
暇人

暇人の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。ラストは正気に戻ってたのに、ワザと狂人の振りをしたんやね。
>|