Lewis

ブラス!のLewisのレビュー・感想・評価

ブラス!(1996年製作の映画)
4.0
1990年代のイギリスの貧しい炭坑町の、音楽と生活を描いた作品。

坑夫ものの映画に弱い。
フィルのストーリーに泣ける。

邦題「ブラス!」とジャケット写真につられて、バンド映画かと思ったが。

サッチャー政権への批判が込められた社会派の内容でした。
原題「brassed off」はうんざり。という意味。

こんなに美しく奏でられる立派な人間であるのに、
この坑夫たちはたくさんのものを失い…

ラスト、ロンドンバスの上で「威風堂々」演奏。その選曲とダニーの表情にプライドと国家への憂いを感じた。