ブラス!の作品情報・感想・評価

「ブラス!」に投稿された感想・評価

Sakura

Sakuraの感想・評価

3.7
卒論に使わせて頂いた1作

当時のイギリスの労働者階級とブラスバンドの存在をこの映画を見るだけで知ることが出来る。
そして当時の政治のことまで。

ブラスバンドとか全く分からないし
やったこともないけど感動しますね
当時は4万くらいバンドがあったそうです
それで全英大会に出れるってすごいこと!
実話を元にした話です。
tulpen

tulpenの感想・評価

5.0
この映画を皮切りにイギリス映画の波が来た。
「トレインスポッティング」とほぼ同時期に公開だったと記憶。

ジャンキーなユアンを先に観て一目惚れ。
そのあとで純粋でウブな炭鉱青年に二度惚れw
ユアン観たさに新幹線で有楽町の映画館まで。
目が腫れるほど泣いたなぁ…。

今は亡きピート・ポスルスウェイトが泣かせます。
リモ

リモの感想・評価

3.6
ユアン マクレガー

やはりというか若い時から存在感がある
音楽やったことない人間はこの映画を語らないでほしい。
苦しくて苦しくて苦しくて、でもあの一瞬のハーモニーのためだけに吹き続けてしまう。

これ観ると毎回、フリューゲルホルンの音が美しすぎて泣いちゃう。

セクハラが酷いからあんまり好きではないけど、コメディ要素もロマンスも入れながらちゃんと労働問題についてしっかり描こうという気概を感じる。
よう

ようの感想・評価

3.6
イギリス映画の好きな作品です。
吹奏楽経験者だからか共感しかしない素晴らしい映画
Asammy

Asammyの感想・評価

4.0
アランフェス協奏曲が炭坑の町に合うとは。
作品と共に思い出すダニーパパンのシーン。
フル・モンティみたいな感覚で鑑賞したら(こちらもおぼろげ)緩急が私には激しく感じて、こんなだったのか…と改めて鑑賞して良かった。

とにかくブラスバンドが良い。個人的に。
メンバー皆んなキリキリ舞いでカツカツだからこそ響く音楽。
家財がなくなっても、失業してしまっても、裏切り者と思われても、威風堂々なメンバー。皆んな皆んなカッコ良かった。
これ、というものが自分の生活の中でなくなりそうと考えただけで腑抜けになってしまうものって何だろう?と考えた。私は、映画だった。映画に助けられて生きている。しみじみ思った。

時代背景、知らないので、今から調べよう。

旦那が何かしないかと心配して付いて行って、音楽にハマる奥方、可愛かった。
>|