やのちゃん

アメリカン・ヒストリーXのやのちゃんのレビュー・感想・評価

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)
4.0
ここ最近1番心揺さぶられた作品のひとつ。忘れられないシーンがあって「怒りがお前を幸せにしたか?」という問いに、ただ首を振り涙を流すエドワードノートン演じるデレクの姿。「怒りに身をまかせるには人生は短すぎる」というセリフがとても胸に突き刺さりました。

怒りや憎しみから争いが生まれ
そして争いから怒りや憎しみが生まれる。負の連鎖は永遠に続いてしまうことがこの映画の結末でも物語ってますね。ラストはほんとにやりきれない…。