GK

アメリカン・ヒストリーXのGKのレビュー・感想・評価

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)
4.0
"Hate is baggage. Life’s too short to be pissed off all the time; it’s just not worth it."

憎しみとは無駄なものだ。常に怒っていられるほど、人生は長くない。そして、そんな価値もない。

---------------------

感情、人間関係、現実世界。折り合いをつけられないことはたくさんある。そんな中で、1つの考え方や感情(この映画の中の白人至上主義、いじめなど)に複雑な事情/感情を帰結させることは簡単であるし、追い詰められた人にとっては魅力的なことだと思う。

ただ、それは何も解決してはいない。そう気がついた時には、人生の大部分を使ってしまった後だろう。

より複雑化していく世界において、一生解決しない問題であっても、思考停止せずに取り組んでいきたいと思わせてくれる映画だった。

※主演のエドワードノートンは、イェール大学卒業の秀才。食卓の場面での演技(デレクの怖さと頭の良さが共存する姿がわかる場面)は、彼だから演じられたのではないだろうか。