KK

アメリカン・ヒストリーXのKKのレビュー・感想・評価

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)
4.5
衝撃を受けた。
見終わった後の虚無感、脱力感、この映画を見る前と後では、自分の中の何かが変わった。

父親が黒人に殺された事で白人至上主義に傾倒したデレク、それに影響され同じ道を辿ろうとする弟ダニー。
偏った思想から車泥棒を働いた黒人を撃ち殺し、刑務所行きとなったデレク。
3年後、刑務所から出てきたデレクは大きく変わっていた。
ダニーは、昔の仲間からを裏切者として銃を向けられながらも、新たな信念を胸に生きていく事を決意する。

この映画は根深い人種差別の真髄だと思う。どうして黒人を差別するのか。誰も説明することはできない。何故なら理由なんてないのだから。本人達はそれに気づいていない。自分が全て正しいと思ってる。そしてそれが、子供、兄弟にまで引き継がれる。だからこそこんなにも根深い問題になっている。

デレクは気づいた。何故なら「自分なり考えた」から。何が正しいかなんて、他人が決めるもんじゃない。
現代の差別やいじめもそうだ。
「自分で考える」ことを放棄しているがために起きている。自分で考える力こそ今の若者には必要な、教育すべき力だと思う。

デレクがダニーに全てを話して家に帰り、部屋のポスターや旗を剥がすシーンが印象的。

ラストは衝撃
新たな人生を歩もうとしている2人にとって何という皮肉だろうか。正しいものが分からなくなる。
その後どうなったのか?
自分としてはぜひとも新しい正しい道を歩んでほしい。

アメリカンヒストリーx
この映画を一言で表すとまさにこれ