健多郎

レストレポ前哨基地 PART.1の健多郎のレビュー・感想・評価

4.0
アフガニスタン北東部の激戦区、コレンガル渓谷に駐屯する米軍の小隊に約1年間密着したドキュメンタリー

戦場における日常がまざまざと記録されており、タリバンとの銃撃戦や地域住民との交流だけでなく、兵士らがギターを弾いたり、レスリングをしたり、携帯ゲームで対戦したりする明るい情景もある
そういうシーンもあるからこそ、米兵の戦死や米軍の誤爆による民間人の死などが際立っているんだと思う

さっきまでカメラマンと会話していた兵士の死
戦場での命の軽さ、その軽い命が消し飛んだ事で仲間たちが受ける影響の重さ
軽くて重い彼らの命、そのありのままの姿を直視させられる事で、戦場を知らなくても嫌でも色々と考えさせられます

迫力、恐怖を感じる映画という意味ではこれ以上のものはそうそう無いと思う