ゆら

パプリカのゆらのレビュー・感想・評価

パプリカ(2006年製作の映画)
4.4
今敏監督の作品ずっと観てみたくてようやく観れた…!

こんなにもカオスな世界観のアニメーションと、時代が追いついていないような天才的な音楽のコラボを今まで観たことがない。エンディングにかかる ♪白虎野の娘 なんてもう芸術かよってぐらいに美しすぎて衝撃を受けた。あまりの中毒性の高さに、深い深い平沢進沼に足を突っ込んでしまった気がする、、笑

夢ってその人自身の欲望が顕になるもので、自分の深層心理が分かる。過去のトラウマや自分の本当の気持ちだったり、登場人物たちの夢の中で徐々に明らかになっていく構成がとても面白かった。夢って結構、起きて冷静に考えてみるとおかしい部分がたくさんあったりするから、そういう夢の理屈が通らない特性がすごく上手く描かれてた気がする。ポスターや絵の中に入れる描写も夢の世界ならではだし、家電の行進はインパクト大!😮
車の窓の水滴が落ちる描写とか、日陰と日向を交互に歩く時の顔の陰り方とか、アニメーションだからこそ描ける部分もとても綺麗で、一場面一場面丁寧に作られてるんだな〜と感じたり。

ストーリー分かったつもりでいたけれど、こうやって思い返してみると実は理解出来てないのかもな〜。夢に感染した人たちの妄言が難解すぎるし、そもそも夢と現実の交錯に混乱しちゃう。
ということで、また観ます!☻