agentkose

パプリカのagentkoseのレビュー・感想・評価

パプリカ(2006年製作の映画)
4.5
夢を他人と共有する装置DCミニが盗まれたという情報のみで物語の中に放り投げられるような感覚さえする本作はとにかく世界観が完成されすぎている。

意味の分からない謎のパレードやそのバックで流れる中毒性の高い音楽。さらにはいろんな映画の世界を行ったり来たりする演出などめちゃくちゃなんだけど興味深い夢の世界をアニメだからこそ出来る表現なんかも交えながら素晴らしく描いている。

これには圧巻の一言に尽きます。

そんな凄くぶっ飛んだ映像やセリフの言い回しも夢だからまぁいいかで受け流せれるし、しかも何なら自分も具合が悪い時こういう夢見てるかもと思わさせることが多かった。

やっぱ夢って意識して見るものじゃないからめちゃくちゃなのが当たり前なんだよね。だから今作の夢はある意味現実に忠実なのかも。

そんな夢の世界を美しく鮮明に描いたこの映画のアニメーションは本当に凄いと思うしエヴァのレイでお馴染み林原めぐみさんの一人二役もメリハリがあって見入ってしまう。

後にも先にもこんな斬新な映像体験が出来るアニメ映画は恐らく今作だけだろうなと思えるぐらいに凄い映画でした。

気になる方はぜひ。

オススメです!