パプリカの作品情報・感想・評価・動画配信

パプリカ2006年製作の映画)

上映日:2006年11月25日

製作国:

上映時間:90分

3.8

あらすじ

「パプリカ」に投稿された感想・評価

Toru

Toruの感想・評価

3.6
レビューが難しい。
なんか半分も理解できてない気がする。

面白かったことには間違いないけど。
二作目
パプリカかわいい
人の夢の中に他人が介入してメンタルケアを行う装置が開発された
その試作装置がテロリストに盗まれて悪用され人の夢が現実に浸透するSF
アートワークやタイトルからもわかる通り全体的にカラフルなビジュアルが印象的でその最たるシーンが夢が介入した渋谷の街で一般市民が踊り狂うシーン。
そこで祭囃子に乗せて社会風刺をうたわれていたのは映画らしくて良かった。
私は映画をみていたのか夢をみていたのか…
はね

はねの感想・評価

4.2
平沢進の曲がポップさ全開で煌めいていて、パプリカの可愛らしさと魅力にすごく合ってて素敵だった。
トラウマを克服するシーン、最高に決まってた。粉川さん最高。
最後の2人のおじさんのポカン顔!
遊園地のアトラクションのようで後味の良いアニメだった〜♪
悪杭

悪杭の感想・評価

3.9
2020年 鑑賞
原作は筒井康隆先生、監督は今敏さん。
筒井先生自身が今敏監督との対談で映画化をして欲しいと語ったものが実現した。(from Wikipedia)

パプリカこと千葉敦子(声: 林原めぐみさん)は、時田浩作(声: 古谷徹さん)の発明した夢を共有する装置DCミニを使用するサイコセラピスト。ある日、そのDCミニが研究所から盗まれてしまい、それを悪用して他人の夢に強制介入し、悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生するようになる。敦子達は犯人の正体・目的、そして終わり無き悪夢から抜け出す方法を探り...

OPのテロップは今監督らしさで、私は相変わらず好きだな!
林原めぐみさんの声は落ち着く。私の親友も林原めぐみさん大大大... ファンだったな。今は何してるんかね?連絡しよっ。

林原めぐみさん始め、古谷徹さん、大塚明夫さん、山寺宏一さん、田中秀幸さん、こおろぎさとみさん、阪口大助さん、岩田光央さん等、必ず聞いたことあるであろう有名なアニメキャラだ。この声優さんで、めちゃくちゃいいアニメの作品制作出来そうに思える。
そして「東京ゴッドファーザーズ」の江守徹さんの出演もあり、ワクワクする!

難解ストーリー... 人間には色々な面がある。夢の続き。夢の番人。(理事長に選ばれた)特別な人間。17という数字。自主制作の映画。あいつ...
あそこからの気持ち悪さが... あの人も「気持ち悪りぃ」って言ってた。
なぜか冒頭の夢と繋がり... 2つで1つ... サラリーマンの飛び降りは「妄想代理人」を観ているよう、ホームレスのブルーシートハウスは「東京ゴッドファーザーズ」を観ているよう。「千年女優」は観ていないから、どれがそれっぽいかはわからない...

全ての欠如を埋める何かが必要?夢はあの●ということか?だから暗黒大王は... ってことかっ!あのパレードもそういうことか!

原作の筒井先生、監督の今敏さんの特別出演に感動!映画館のポスターも最高っ!

私はあんまり夢は覚えてないことが多いが、「とてもいい夢を見た!」って起きてみたいなぁ... と思えるし、きっと「千年女優」も観るとも思った!今監督、ありがとうございました!

1207(20-341)
なの

なのの感想・評価

5.0
不思議な展開と感覚、狂気的で人間的でとてもすき
なんだろう、妄想代理人と似てるけど全然違う、監督が最高に天才なお方なので、何度見ても面白いです
けんざ

けんざの感想・評価

3.3
4年ぶりに鑑賞。そして4年前と同じ感想。前半は引きこまれるのに後半は尻すぼみだなと。アイデアも作画も超好みなのに、ストーリー展開にわくわくしない。

夢について個人的に関心があって、一時期こまめに夢日記をつけていたり、現実と夢の境界をテーマにした作品も積極的に手を出してきた自負がある。本作品も筒井康隆の原作を買って読んだし、実際見てみた感想として、夢が持つダークサイドな部分は美しくかつおぞましい映像表現で魅力的に描かれているように思う。

ただ、唯一無二の気持ち悪い映像が躍動している分、どうしても悪の倒し方は少し平凡な気がしてしまうのだ。わざわざケチをつけるのも野暮ではあるが、もう少し後味の悪い収束の方がしっくりきたのではないかと思う。パーフェクトブルーとか妄想代理人みたいに不気味な余韻が欲しくなるのは贅沢なのだろうか。

今敏と平沢進のタッグには文句ないです。白虎野を駆けぬけろ。
おもしろい!不思議な設定でこわい
けど、パーフェクトブルーのインパクトには勝てなかった、、、
>|