パプリカの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

パプリカ2006年製作の映画)

上映日:2006年11月25日

製作国:

上映時間:90分

あらすじ

「パプリカ」に投稿された感想・評価

ま

まの感想・評価

5.0
さいこうにすき!
作画に圧倒された。
今観てもすごいし中学生のときに観たかった。
性癖は壊れちゃいそう
asu

asuの感想・評価

-
気が狂うかと思った
KeN

KeNの感想・評価

3.6
さながら「インセプション」の様な、スピード感とサスペンス要素、そして難解・奇怪な雰囲気もあり本当に夢を映像化した様な作品だった。

原作の筒井康隆さんの作風を師匠こと平沢進さんの楽曲がより一層際立たせていたし、ベテラン声優さんの演技も物語の中に介入し易くさせていた。

具体的な所での「不気味さ」は子供心に周りの何気ない物が少し怖くて気持ち悪く感じたり、お化け屋敷に入った時の様な感じにも似ていた。
嗚呼、それも群青なる空から舞い降りたひとひらの新聞紙に身を包んだ天女の飛来による核爆発。そしてそれを過ちと見ぬ時代の流れというおぞましき死刑囚の誘い。あれ、私の心を射抜いたのは人の夢の奇怪さよりも、あの時私を導いてくれたユダの思し召し。否、師匠の奏でる壮大なパレードの演奏は一足先にガラクタと成り果てた我らへの修理警告。まずは見よ。その瞳に映る自らの狂気こそが答えであり、涙は理解しえぬ饗宴への唯一つの切符なり。




すいません、誰かの夢が自分にも流れて来てしまったようです…。
Mana

Manaの感想・評価

4.5
筒井と今敏の最強タッグね。夢か現か、怒涛の映像の展開と絵の美しさ。夢可愛さと不気味な恐ろしさ。大人が楽しいアニメの代表選手ね。大名行列のシーンなんか、忘れられないわよね。
chin3

chin3の感想・評価

3.5
夢をあきらめた後悔だったり、自分の人生の楽しみ方を見失ったり、将来を迷っている人にぜひみてほしいです。

アニメだからこそ描ける夢をテーマにした映画作品で、なんやかんやそこまで複雑ではないストーリーなので、高校生以上ならば楽しめると思います。
中年の危機という言葉もあるわけだし、自分にも身に覚えがあり、刑事さんに強く共感できました。
大潤

大潤の感想・評価

3.7
アニメだからできる作品。
映像音楽雰囲気ともに好み。

ほんとにある意味不明な夢をうまく映像化してくれてる気がする。

最初は難解な気がしたが、観てるとそうでもない。
サイケな感じが好きならいいかも!
晩飯bot

晩飯botの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たい観たいと思ってたので鑑賞できて嬉しい。欲を言えば映画館で観たかった。というか観たい。身近にあれど崇高な夢、なかなか面白かったです。期待以上〜!!!!
MITATI

MITATIの感想・評価

3.0
平沢進の曲と林原めぐみの声だけ良かった。
>|