サーフ

ハリー・ポッターと謎のプリンスのサーフのレビュー・感想・評価

4.0
「ハリーポッター」シリーズ第6作目となる今作。
前作「不死鳥の騎士団」までは公開当時に映画館に見に行ってたが、今作以降は未鑑賞なので今回が初見。原作は「死の秘宝」まで読んでいるので内容はだいたい知ってる。

物語がいよいよクライマックスに向けて走り出しているなと感じさせる内容。
前半はかなり恋愛要素が多め。主人公達の恋愛模様の甘酸っぱさとほろ苦さ。第1作目では小っちゃかった彼らが真っすぐ恋愛している姿は感慨深い。多めの恋愛要素、クライマックスに向けて青春を謳歌する最後の機会と思えてきてちょっと切ない。

ラストはかなり怒涛の展開。クライマックスに向けてのお膳立てとしては充分な内容であり「死の秘宝」への期待感はめちゃくちゃ高まる

終盤の物語が大きく動く展開に対して前半の恋愛要素含めストーリーの起伏が乏しい。

今作はマルフォイに焦点が当たってる作品。ハリーとマルフォイ。同じ魔法使いではあるがそれぞれ対照的な道を歩んできた2人。ここ数作マルフォイの影薄かったのでバチバチにやり合う2人が見れたのも良かった。