夜空のパンケーキ

ドゥ・ザ・ライト・シングの夜空のパンケーキのレビュー・感想・評価

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)
3.7
『私はあなたの二グロではない』を先日観てから急に観たくなったスパイク・リー作品。

ブルックリンの片隅で暮らす黒人たちの華やかでアップテンポな生活とその裏にある暴徒的な感情を見事に描いた秀作でした!

「ムーキー、黒のままでいろよ!」
このセリフはムーキー役を演じたスパイク・リー自身に戒めを込めた台詞ではないだろうか?
白人により殺された黒人。
それにより起こる暴動。
暴動は悪か?正義か?
それを観ているこちら側に問いかけられているようだ。
最後にキング牧師とマルコムXの「暴動」に対する反対の意見が示される。

答えはない。
黒人差別に答えはない。
だってもう何が正しいかは判ってるはずだから。
でもそれだけでは収まりきれない歯痒さがこの作品には込められているような気がした。