りょんりょん

暴動 バトル・プリズンのりょんりょんのレビュー・感想・評価

暴動 バトル・プリズン(2015年製作の映画)
2.4
シネ・リーブル梅田にて鑑賞


ドルフ・ラングレンが主役ではありません。主人公役の人がプロデューサーも兼ねており、仲間内で作りたいものを作ったという、所謂思い出作り系の映画です。

もうね、お話が酷い。それをきちんと一定のレベルにまで持ち上げて直さなかったという事実。泣けてきます。

アクションは比較的真面目に撮ってはいますが、インパクトもないし、キレもないし。リアルさは少し追求してるなというのはありましたが、中途半端さを注入するだけで、結果的にはマイナスになってしまってるあたりも、トホホですね。

ラングレンさんは、雰囲気も貫禄もありますが、動けていない。これなら、リデルと役柄を交代した方がよかったように思いますね。

お姉さんキャラが二人出てきますが、物語に全く必要ないんですよね。うーん。