MACCHO

インデペンデンス・デイのMACCHOのネタバレレビュー・内容・結末

インデペンデンス・デイ(1996年製作の映画)
4.4

このレビューはネタバレを含みます

序盤、この世の終わりで助かる道はないと思われるほどの惨劇で幕が開ける。

世界中に参戦を呼びかけ、国や人種など関係なく人類が一丸となって立ち上がるのが良い。
見る前はどういう意味だろうと思っていたタイトルも、ここで腑に落ちる。

酔っ払いのパイロットがヒーローになる展開はまさかだし、ヒラー夫妻の出発前の結婚式や再会なども感動する。

かと思えば、UFOに乗り込む2人のやり取りなどは楽しく笑わせてもらえたりもする。

改めて、ウィル・スミスはとても存在感のある俳優だと思う。