ヴぇる

インデペンデンス・デイのヴぇるのレビュー・感想・評価

インデペンデンス・デイ(1996年製作の映画)
2.9
B級映画で日本からは絶賛され本国ではネタ映画扱いの印象。
まぁ分かりやすいしアホでもわかる内容は日本では評価が高く米国では逆になるのは文化の違いか。
あちらの評論家は余りにもステレオタイプが多すぎるのが整合性の欠如として認識しているようだ。
ハイライトは大統領の演説シーン。