インデペンデンス・デイの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

インデペンデンス・デイ1996年製作の映画)

Independence Day

上映日:1996年12月07日

製作国:

上映時間:145分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「インデペンデンス・デイ」に投稿された感想・評価

だいき

だいきの感想・評価

4.0
合衆国万歳な映画。人類のためって言いつつ結局は合衆国万歳。宇宙人vs合衆国という典型的な勧善懲悪なストーリーなのでボーと見ながら楽しめる。
宇宙人の攻撃手段がちっこいのバラまくかバカでかい主砲しかないの不憫で萌える。攻撃当てられて焦ってもうて目立つし隙丸出しの主砲チャージしだすのかわいい
ゆん汰

ゆん汰の感想・評価

3.5
当時流行したアメリカ万歳映画の金字塔。
今見ると少しショボいCGだが迫力は満点。

アメリカ頑張れと応援したくなるが結局映画の良さすべてランディ・クエイドに持って行かれる笑
共通の敵がいると仲が悪い相手でも協力し合えるのをインディペンデンスデイ現象って読んでる
Jon90

Jon90の感想・評価

3.4
イケメン大統領なんだけど、国の危機、地球の危機にアメリカ大統領が戦闘機に乗って攻撃って無責任じゃない?笑

でも好きな映画
地球侵略を目論む地球外生命体に、全力で人類が抵抗するSFパニック映画の金字塔。

久しぶりに何度目かの鑑賞。しっかりと映画を観るようになってからは初めて観たけど、まぁ昔から慣れ親しんでいるという思い入れは多少あるにしても、相当よくできたSFパニック映画だと思う。ローランド・エメリッヒ監督の最高傑作。96年にこのクオリティは本当に凄い。

CGは技術的な束縛があるにせよ、雲の中から宇宙人の空母が出現するシーンの迫力は凄まじいし、ハッとする映像も結構あった。主役級の登場人物も多くいることで群像劇的な要素も加わり、そのおかげでこの長さでも飽きることはない。そして主役級は全員が英雄的活躍を見せる。アメリカの大統領万歳精神もここまで押し出してるといっそ清々しくてよい。演説シーンはシビれるねぇ。ビル・プルマン、完全に大統領になりきってる表情してる。

個人的にはウィル・スミスが戦闘機から脱出後ブチ切れるシーンが好き笑
bavaroa

bavaroaの感想・評価

3.5
パニック映画嫌いだけど、途中からコメディタッチになって楽しく観られる。
キャスティングとシナリオのおかげ。

このレビューはネタバレを含みます

エイリアンがいかにも〜〜な感じだし全体的にコメディ入ったりとB級感がすごい。笑 でもコンピューターウィルスで一発!とか色んな映画でのあるある〜〜!なシーンの走りだったんだなぁ!って思う箇所が結構あった!

自転車で街中走るジェフ、飛行機酔いするジェフかわいいよ〜〜泣 ウィルスミスと2人で最後葉巻吸いながら出てくるシーンかっこよすぎて鼻水出た 笑
ポ

ポの感想・評価

3.9
マーズ・アタック先に見ちゃったからなあ
と思ったけどこっちもめちゃくちゃだったw

東京ラブストーリーの三上みたいなの出てきたな
Tsurim

Tsurimの感想・評価

4.0
小学生の頃に父と鑑賞し、続編も父と鑑賞できた思い出の作品。
今は亡き、カッコよくて頼りになるアメリカを表現できており、当時の大統領も薦めた良作です。