成田007

007/リビング・デイライツの成田007のレビュー・感想・評価

007/リビング・デイライツ(1987年製作の映画)
4.3
シリアスでハードになった007シリーズ15作目。ロジャー・ムーアが長らく007を演じていたが、いよいよ交代。4代目007にティモシー・ダルトンが演じることになった。歴代の007の誰よりもシリアスかつハードになり、ダニエル・クレイグ=ボンドのような一面も感じる。

コミカルなトーンを下げ、全体的にダークでミステリアスなトーンで進んでいくので、今までにない007になっている。アクションも派手で斬新なものの多く007らしさがでている。Qの秘密兵器も活躍している。

4代目ジェームズ・ボンドのティモシー・ダルトンは黒髪で顎がカッコいい。前作までのロジャー・ムーアのコミカルさから一転のかっこ良さを全面に出したボンドになっている。対照的にボンドガールの方は前作以上に何度もボンドを困らせている。

前作までの空気感を一新したニューボンドが見られる007シリーズ15作目。