muu

母なる証明のmuuのレビュー・感想・評価

母なる証明(2009年製作の映画)
3.8
現場の証拠から殺人犯として逮捕されてしまった知的障害のある息子と、息子の無実を証明するため本当の犯人を追う母の物語。アマゾンプライムではホラーに分類されてましたが、ミステリー・ドラマでした。この結末は予想外!真実が明らかになったときは驚き、じゃあこれまでの行動やあの人物の言ってたことって…と遡って考えてみても面白い。いっそ気持ちいいほどにすっかり騙されました。
 
癖のつよい登場人物達の、何をするかわからない不気味さがうまく表現されていてゾクゾクしました。最初は息子、次に母の視点で話が進みますが、この主人公達も何をするかわからない不安定さがあって安心できない。応援したくもなるが、気持ち悪いとも思う絶妙なキャラクター作りだと思います。展開も飽きさせず色んなことが起こるので、緊張感が持続しました。寝てる人物のすぐ近くをそっと歩いて家を出るシーンとかドキドキした〜。韓国映画はあまり多くは観ていないので一概には言えませんが、先の読めない展開や行動の妙な面白さというか
、独特な雰囲気があるなと感じます。顔を顰めつつ笑っちゃうような、あまりうまく表現できませんがそんな感じ。本作ももう一度観たいとはあまり思いませんが、インパクトと観て良かったと思う満足感は得られた作品でした。