の・ようなものの作品情報・感想・評価

「の・ようなもの」に投稿された感想・評価

誰がなんと言おうったって、好きな映画ってのがあるんだヨ!
そんな映画のひとつであります、森田芳光『の・ようなもの』。

見たのは2012年だったと思います。
二本立ての一本でした。
もう一本は、『マル本 噂のストリッパー』。ピンク映画ですね。
今は亡き銀座シネパトスで見ました。
銀座シネパトスって今はないんですね。
新橋シネマよろしく、電車の音の聞こえる映画館でした。
そして新橋シネマも今はもうありません。

この文章を書いている今は2017年で、5年前に見た映画です。5年の間、一度も見かえしていません。
正直なところ、詳細はあんまり覚えていません。
それでもなにか、映画の、特別なある時間に遭遇した気がして、とても胸が高鳴ったことだけは覚えています。


『の・ようなもの』の中で、とてもとても好きなシーンのひとつである、主人公の志ん魚が終電後、振られてしまった彼女のうちから歩いて帰るシーンの独白を、ここに載せておきます。
(私がいつだって、こうしてスマートフォンから見れるようにね!)

ここのシーンのこの志ん魚の独白が、そしてスクリーンを流れる街が、志ん魚の足音が、好き過ぎて、この独白をこうして読むだけでもちょっと泣けてきてしまいます。
ああ、本当に、国際劇場の踊り子は、今頃どうしているだろうか?

☆ ☆ ☆

怪物のような荒川鉄橋 こぼれないように車が走るのが見えるぞ しんとと しんとと
トランペットの練習が聞こえない不気味な静けさ
深夜料金の光るバッジをつけたタクシーが北千住方面にダッシュする
その反対方面42.195kmにおれのアパート しんとと しんとと
東武と京成を乗せた綾瀬川を渡り お化けが出そうな鐘ヶ淵へ向かい 圓徳寺を左へ折れようとする
昔はここらへんでカネボウ美人がつくられたという しんとと しんとと
まつり提灯に誘われ抜け道を入ると 神様は四畳半の狭さの中であしたを待つ
鐘ヶ淵の駅前通りを歩行者一名 逆に目立つのかビニールの花が歓迎している
水戸街道に入ると昔ながらの商店が蚊取線香の匂いを立ててディスプレイをしている
地下足袋一ダース 三八〇円 自慢焼一個 六〇円 さくさくしたソフトクリーム一個 百円
ひと息いれたい しんとと しんとと
三十過ぎの芸者衆と四十過ぎの浮気男が向島の屋根の下で寝ている
もうそろそろ夜が明ける
夏の朝は志ん菜が言うように早い しんとと しんとと
カラスがカアカア飛んでいる 吉原上空に向かうのか 明烏
聞いていますか? しんしょう師匠
吾妻橋のビール工場まであとひと息
リバーサイドのジョギングコースをなぜか歩く しんとと しんとと
隅田川の風が吹いてきた 眠そうにブレーキをかけた東武線が隅田川を渡る
松屋もビール工場も世界の終わりのように静かだ
吾妻橋を渡ると仁丹塔が見えてきた
浅草雷門に入る
観音さま! 志ん魚が朝一番でやってまいりました
人形焼の匂いのない仲見世はさびしい
思い出やしきに足は向く 今頃どうしているだろう
国際劇場の踊り子たちは今頃どうしているだろう しんとと しんとと
なにものでもない(無責任)状態から卒業できない(避けてきた)自分にとって、ど真中の(あこがれの)青春がたっぷりとつまっていた
いいだ

いいだの感想・評価

3.5
ゆるーい雰囲気で物語が進んでいく。

今はもう見ることも少なくなった昭和時代らしいシーンが多くて、平成生まれの僕は憧れてしまう。

時々シーンの変わり目で、ドリフのガシャーンってガラスの割れる音みたいな擬音語を聞かせてくるんだけど、その音にあった風景が頭に浮かんできて、なんだか落語みたいだと思ってクスッとする。
一瞬の隙もなく全てが最高
でも隙だらけ
そんな映画
Ayumi

Ayumiの感想・評価

3.1
しんととってゆう響きと秋吉久美子の色気がすき。
Kobachan

Kobachanの感想・評価

4.0
どんな話かって言われると困るけど、中毒性ある
しょへ

しょへの感想・評価

3.5
まったり系の青春コメディ
秋吉久美子が鬼キレイ
ウル子

ウル子の感想・評価

2.5
ロバート・アルトマンの作品を見た後と同じ気持ちになるわー。
志ん魚とエリザベスのカテゴライズできないあの関係性、良き。
いみ

いみの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

森田監督の映画は映画をそれほど数観ていない頃と今の感想とではまるで違うものになっている。

シュールでいみわかんない!
と昔は思ってた。
今思えば初めて監督の作品を観たのは「(ハル)」だからそれに関しては意味わからないとは思わなかった。
ハルは結構好きな作品で、岩井俊二監督の「loveletter」と並ぶ好きな邦画ラブストーリーかも。(今度レンタルしてもう一度見てみよう)
インターネットで運命の出会いがあるかもしれないと勘違いしたきっかけがこの映画のように覚えている。

「僕達急行 A列車で行こう」とか「間宮兄弟」とかがシュールだなーよくわからないなーと思ってた。
「家族ゲーム」ではもう大分映画をみていたのでこれはすごいぞ という感想になっていた。

の ようなもの
は、エリザベスとしんととの関係がとてもよかった。
自立して酸いも甘いも経験しながらたゆたうように生きている女を秋吉久美子が絶妙なリアルさで演じていて
純粋で少し頭の足りないしんとととの友情のような親子のような恋人のような姉弟のようなあの関係がとても見ていてホッとした。

森田監督の作品は
あぁ、この映画のなかで生きていけたらなんか幸せそうだなぁと思わせてくれる世界観がありそこが好きだ。
少し初期の頃の矢口 史靖作品にも通ずる
なんとなくぼんやり生きていてもきちんと前に進む
的な感じが重たくなくていい。
あと
出てくる人がみんなヘラヘラしてて平和な雰囲気がいい。

なんじゃこりゃなカットとかエピソードはコメディとして楽しむべし
あまり深く問わず変なの~って感じでみればいいんだと思う。

ラビット関根、小堺一機、でんでん、尾藤イサオ、6代目三遊亭圓楽などの若い頃が観られるのも楽しい。

公園でいちゃつくカップルにしんとと無理やり入り込んでナンパし二人にぼこぼこにされるも
ちゃっかり仲良くなってか二人の結婚式の司会に抜擢されて祝ってるシーンをバックにタイトル出てくるところが最初で、
兄さんの真打ち祝い
みんなでビアガーデンで飲み食べするところにエンドクレジット流れてきて
ひとり、また一人と画面からはけき誰もいなくなった宴会場。
残ったのは祭りのあとのような寂しさの画。
がラスト。

なんとも味わいある最初と最後だなぁと思う。

このあと
のようなもの の ようなもの
を見ます。
CHIHIRO

CHIHIROの感想・評価

1.0
ダサくて恥ずかしい(笑)
サブリミナルセックスがまじで謎
>|