スターシップ・トゥルーパーズの作品情報・感想・評価・動画配信

スターシップ・トゥルーパーズ1997年製作の映画)

Starship Troopers

上映日:1998年05月02日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.7

「スターシップ・トゥルーパーズ」に投稿された感想・評価

めっっっっちゃおもろい!!!
エログロアクションとか大好物すぎる!
昔一回観たことあったんですけど内容忘れてたんで再鑑賞!
ここまで素晴らしい映画でしたっけ?笑
一切だれることなく観てられた😂
前半の恋愛やらトレーニングパートも面白かったし、後半の大殺戮祭りも面白すぎた笑笑
人の命をなんとも思ってなさそうな光景が延々繰り広げられてる笑笑
バカで良き👍
いっぱい金かけてこんな映像作ってくれるなんてやっぱハリウッドは懐が深い
何が面白いってこの映画、ディズニーの映画部門制作ってとこ笑
よく許したなディズニー😂

そしてこの映画何が良いってめちゃくちゃ戦争とかプロパガンダを皮肉ってるとこですよね
挟みこまれる軍隊を魅力的に見せるCM、そして最後にはこの映画全体もプロパガンダだったんだよみたいなメタ的な展開もあって、ちゃんとバカやってるけどメッセージも見えて良くできてるなあって思いました。

虫どもはマジでキメェ
後半のプレインバグはマジでキモすぎた
なんかしたでバグを運んでるバグもくっそきもかったし、バーホーベン腹立つくらい悪趣味だな🤣
一体一体はそんなにめちゃくちゃ強いわけじゃないけど、あの大群で押し寄せてきた時の絶望感ね

この映画、わんちゃんIMAXで観たいかも笑
でも虫きもすぎるから吐くわダメだ

お祭り映画だけどちゃんとメッセージ性も含む素晴らしきSFエンターテインメント超大作スターシップトゥルーパーズ、ぜひご賞味あれ😘
八咫烏

八咫烏の感想・評価

3.5
楽しかった。
昆虫の生息してる惑星に核ミサイルぶち込んで惑星ごと吹き飛ばしたら済む話ではということは言えないでおくし、それがまずいのなら、制空権は掌握してる感じだったから、歩兵送り込まずに執拗に空爆し続けてらいいじゃないかということも言わないでおく。
何しろこんな合理的な作戦を展開してたら、あんな楽しい映像見られなかったから。
昆虫のブレーンみたいな芋虫型の虫もっと活躍してほしかったな。(脳みそ吸い込んだら、知能得て賢くなるって設定がおもろかったな)

未来の兵器や都市の描写はありきたりなものだったけど、やはり革新的なのは、男女がなんの恥じらいもなく素っ裸でシャワーを浴びている描写である。未来の男女意識の変化(ジェンダーレス社会)を何事もないように描写してるのがすごい。(その割には人権意識はクソほど低かったが..)
昔テレビでよくやってた
こういうわかりやすいエイリアン系SFは見てて飽きないね
kino8310

kino8310の感想・評価

2.6
★未来はナチス的美?★
宇宙の果てに住む昆虫型生物「バグ」に攻撃される地球。バグの拠点を攻撃する、宇宙艦隊と機動歩兵隊の活躍。男女青春ナントカ

未来のハイスクール白書~新兵訓練~恋人との別離~スプラッター戦場とかなりな盛りだくさん。スマホに依存しない明るいラブコメ風未来人の描き方が、パラレルワールドのような感じ。

連邦軍にはいってからは、20世紀の様式を守ったままの未来の軍が描かれる。制服の魔力と敵がいる時の人間の団結力が強調され、逆に進化しそうにない人間の愚かさを描いてる気がする。
taka

takaの感想・評価

3.7
20分にしてやる、、

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/starship-troopers

このレビューはネタバレを含みます

残酷無惨✕プロパガンダのバーホーベン節

青春三文芝居とアホな戦意高揚映像とアダルトジョークをまぶした昆虫VS歩兵の残酷無惨宇宙戦争映画。

誰をターゲットにしたか全然解らない悪趣味具合ですが、人がゴミのように死んでいく素晴らしい作品です。

さぁ君も地球連邦軍に入ろう!!
よ

よの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

2021/05/05
吹替

兵役を経たもののみが市民権を得られる世界
昆虫型の宇宙生物バグズと戦う話
人の二倍くらいの大きさの鎌をもった昆虫
口から火炎放射を放つ巨大な甲虫
お尻にエネルギーをため空にエネルギー弾を放つ虫
人をさらう空を飛ぶ飛虫
高い知能をもったブレインバグズ
ラストはテレパスでブレインバグズの恐怖の感情を読み取り人間側の勝利となる


新兵募集のCM風味の映画
お尻からエネルギー弾を地表から宇宙まで届く距離迎撃できる虫が一番強かった
新兵が教官に腕を折られたり手のひらをナイフ投げの的にされたりと大丈夫か?と思ったが映画後半で医療技術がかなり発展しているシーンがあり納得した
ちゃむ

ちゃむの感想・評価

4.5
虫との戦い?SFコメディか⁈と思ったら、かなり真面目な映画でした。

序盤から、リア充系の高校生達が自ら率先して兵士になることについて嬉しそうに話ているのを見て、非常に違和感がありましたが、この映画の最重要ポイントは、反ファシストなんですね。

SF要素、虫との本格的な戦闘描写、恋愛とそれぞれしっかり盛り込まれた映画ですが、この反ファシストという観点を踏まえた上で観ないと、単に「気持ち悪い不愉快な映画」で終わってしまう気がします。自ら志願して兵士になることが当たり前の世界なんて、今の日本人には不気味ですからね!

その点をクリアして観れば、かなり面白い映画だと思います!
かんた

かんたの感想・評価

4.8
特殊効果の精巧さもさることながら、見る者を飽きさせない勢いと、幾度となく繰り出される新たな展開が魅力!
特に、主人公が分隊長に任命されてから除名されるまでの圧倒的なスピード感にシビレた!!

また単なるSF大作ではなく、青春映画としても成り立っている点が今作の没入感に一役買っているだろう!
とにかく滾る!胸が熱く躍る!
まるで虫を踏んづけた時くらい気持ちいい映画だぜ!
>|