もやし

遊星からの物体Xのもやしのレビュー・感想・評価

遊星からの物体X(1982年製作の映画)
4.8
10年ぶりぐらいの視聴。
今見ると超面白い映画だった。

序盤、ヘリコプターで犬を追い回して殺そうとするという異質なシーンから始まってそのままノンストップ。ずっと面白い。


意外と難解でもあった。
解説サイト見ても不明、不明、不明の連続。わからないように作られてるみたい。



Xが頭良すぎて全く先の予測ができない。
人間達も有能で、一切の無駄なく対処法を編み出していくが、それでも中々に手強い。

Xが正体を現すところは、本当に気色が悪い…笑 これほど気持ち悪いビジュアルの化け物は初めて見たかもしれない。クモみたいな足がほんと無理笑



底の見えない本当に良い映画でした。