ねぎお

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲームのねぎおのレビュー・感想・評価

3.8
ついにモリアーティ教授との対決です。
今回レイチェル・マカダムスの出演は控えめでノオミ・ラパスが怪しい役で登場。
しかしやっぱりノオミ・ラパスは殴られて鼻血出すんですね!!
本人が「鼻血、やりますよ!」とか言ってんのかな??

しかし馬の国境越えなんていったい誰が考えた?
ベルリンでの対決前の、何とも愉快なシーンになりました。

そしてまた森の中での銃撃戦は新たな技繰り出してきましたねー。人物はほぼ止めて、カメラと銃弾だけスーパースローで動かす。これは新しい!
グリーンバックかで抜いてモーションコントロール的な作業で合わせるんだろうなあ。
でまた細かい数秒もないショット(あの追手を真横から撮ってる不思議な画のやつ)は役者に同期させるんでしょ、それで背景が動いているように見える寸法。
とにかくこういった技は技として見えるとダメなので、あくまで演出の人間のセンス次第。だから単なるやりたがりの某監督だとなんら面白くならないんだけど、ガイリッチーさんはさすがだなあ。一度絵コンテみてみたいなあ。すっごい絵が上手なのかなあ、それとも雑な絵なのかなあ・・。

ラストの戦いはまたなんともアニメチックというか、チェスと実働を絡めたとても面白いシーン!!
そこからのことは・・・。
THE END ?