ミチ

エル・スールのミチのレビュー・感想・評価

エル・スール(1982年製作の映画)
4.3
「ミツバチのささやき」は感性のかたまりのような作品だったが、この作品は大人になった主人公が自分語りをする形で説明してくれるので、かなり観やすいつくりになっている。

それでも光の使い方はやはり素晴らしく、オープニングからがっちり心をつかまれてしまった。

物語は幼少期から思春期へと成長していく少女の心情の変化を丁寧に捉えている。

軸となるのは父と娘の関係。
私には欠けている部分なので共感は出来ないが、大人という存在が絶対的なものからそうではないものに変わる瞬間というのは誰にでもあるだろう。

だからこそ、その瞬間をこれほど美しく繊細に描く監督は、やはり感性の人なのだと思う。

この作品ではさらにそこに戦争という影があり、それは本当に、いつもそばにあるのに気づかない自分の影のように作品を覆っている。

作中ミラグロスが言った
「世の中勝った方が言い放題なの」
という言葉が印象的だった。

この作品は未完のようだが、それも必然と思えるようなラストシーンだった。