エル・スールの作品情報・感想・評価

「エル・スール」に投稿された感想・評価

aron

aronの感想・評価

1.0
評価が高かったんで観てみたが、
僕には全然合わなかった・・・・。
自分で選んで観たんだが、
観た時間を返してほしい。
最後のレストランのシーンで父親の弱さを受け入れようと思った私は甘いんかもっておもった。
Palpatine

Palpatineの感想・評価

3.7
幼くて、世間や世界のことをほとんど知らないからこそ「南」という漠然とした場所に、絵葉書の情景や父親の恋人といったイメージが重なってそれが大きな存在になることができる
小さい頃の気分を少し思い出せた
Kazu

Kazuの感想・評価

4.0
娘の視点を通して描かれるのは、愛するものを残して故郷を離れた哀しい男の物語。娘が成長するとともに謎が解き明かされていく構成が見事。
shinsuke07

shinsuke07の感想・評価

3.9
独特なリズム。静かだが印象的なカット。
寡黙な父の葛藤が見ていて痛ましい。
Ichiro

Ichiroの感想・評価

3.6
美麗な映像は素晴らしいが、内容的は刺さらず。親子の機敏に感動するには僕はまだ若すぎるのだろうか・・・。
スペイン内戦でフランコ政権が共和国に勝利したことで南北の格差が生まれ、思想の異なる祖父との口論が耐えない父は家族と寒村の北部“かもめの家”と呼ばれる郊外の一軒家に移り住む。

題名エル・スールは温暖な「南」を示すスペイン語で、少女から大人へ成長していく娘の視点から「南部」への関心、陰鬱で謎めいた父に他の女性の影が見えること、父親との関係性と別れなどが静寂な山村を舞台に情景豊かに描かれる。

寡作の監督で知られるエリセの単独長編第2作。本来約3時間の制作予定の半分近くカットされており、細部がわかりにくい点がある。「ミツバチのささやき」同様、少し評価の分かれる作品かもー。
こにし

こにしの感想・評価

3.7
さすがのヨーロッパ映画。なかなか重厚。。心の動きにフォーカスが当たった映画。
まる

まるの感想・評価

4.3
入り方が最高。最初の画。
朝の光の差し込み方。
これだけでお腹いっぱいでした。

あとはラストシーンの
隣の部屋の結婚式や
スーツケースに物を詰めるときの
手の動き。

静かに盛り上がる作品、大好きです。
>|