エル・スールの作品情報・感想・評価

エル・スール1982年製作の映画)

EL SUR

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

4.0

あらすじ

1957年、秋。ある朝、少女エストレリャは目覚めると、枕の下に父アグスティンの振り子を見つける。エストレリャは父が死んだことを悟る。彼女は回想する。内戦の記憶に囚われたスペイン、<南>の町から<北>の地へと引っ越す家族。8歳のエストレリャが過ごした“かもめの家”での暮らしが語られる…。

「エル・スール」に投稿された感想・評価

Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.0
‪「エル・スール」‬
‪屋根裏部屋から始まる冒頭。振り子。縮景園の家…春花秋月の如く眺めのいい風景。シンメトリーな木々に挟まれた小道を自電車が駆け抜ける。幼い少女から麗色な少女へ…資金難により1時間短く制作された本作はエリセ監督の傑作に感じる。この蒼穹を収めた作風は一度観たら忘れられない‬。
Ueda

Uedaの感想・評価

4.1
ブチ上がるカットが沢山あるのと、ジブリ的な良さが確実にある。もう一度観て、ちゃんと感想を言います。ごめんなさい
ある映画監督のお薦め映画として鑑賞。光と影が、絵画の様に美しい。スクリーンに映っていないのに、その外の様子までも感じさせてくれる、芸術性の非常に高い映画だった。
shun

shunの感想・評価

5.0
見終わったらわかる。タイトルが秀逸。
chan

chanの感想・評価

4.0
画面から、匂いが伝わってくる映画って究極だと思う。

ヴィクトルエリセの映す世界はほんとに絵画的美しさがあって、それでいて毎回ふいに、心地よいノスタルジーに駆られる。


謎多きものに魅かれるのはその謎の先を自分の思うように解釈して勝手に理想像を作れるから、なのかもしれない。
父が娘に自ら自分を語らなかったのは
いずれ知られると分かっていながら語らなかったのは
娘への愛ゆえなのだと、そう思うしそう信じたい。
水

水の感想・評価

4.1
記録
濃い。
何度見ても擦りきれない。
たぶん。
jaaaazzman

jaaaazzmanの感想・評価

4.0
心に残る映画。色味も構図も大好き。ただBDについてくるブックレットのやくしまるえつこのポエムはいらねーよ。馬鹿か?
umeko

umekoの感想・評価

4.0
絶対的な存在など存在しないということ

たぶんそしてそこからはじまる。
>|