KozaiSzatosi

崖のKozaiSzatosiのレビュー・感想・評価

(1955年製作の映画)
3.3
「道」の次にフェリーニが作ったけど、イマイチ受けなかった一作。

そらそうだろ、ってくらい、暗い。
戦後10年経ったイタリアはまだまだ貧富の差も激しく、詐欺師稼業で食ってゆく人も結構いたのだろう。
そこから生まれる罪悪感を、キリスト教の救いと絡める感じが、いかにも、ではあるが、映画としてはやや地味か。家族に対する思い、みたいなのも、なんだか今ひとつ。

せっかく出てくるジュリエッタ・マシーナの無駄遣い感も否めない。