漫才ギャングの作品情報・感想・評価

「漫才ギャング」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

2.8
芸人の品川ヒロシが監督を務めた作品。同じ芸人としての目線で描く世界だが芸人が映画監督なわけでどう表現するかと思ったが、誰でも笑えるようお笑いの意識をしっかりと残した作品に仕上がっていた。

あくまで映画なのでネタとは違う。だから爆笑はない。しかしジャブのような笑いは要所で挟み、一芸人としての成功譚としてストーリー的にもよかった。
なんかよくわからないけどコンビを組んじゃう上地くん。ヤンキーなんだけど芯のあるキャラクターで憎めない。その友達のデブたく。借金取りの宮川大輔。コンビ解散を告げたけど相方をかばう綾部。謎のオタクを演じるロバート秋山。
とりあえずみんな良い奴なんだ、これが。一人一人に個性があって、活躍の場が用意されていて、芸人が多いから演技力とかは気になる部分だったんだけど、たぶん演技というよりもネタとして笑わせに来てるから自然なんだろうな。だから自然に面白さが出ていた。

まあでもストーリーは単純に面白いは面白いけどまだ表面的だったな。上地くんとかのバックボーンはもうちょっとしっかり見たかったし、努力云々のくだりは響かないし、正直新井浩文とのやり取りが浅い。
そんでもって最後の決断がなー。んー、そうなるかー、んー、まあしょうがないかって思うけど、やっぱこの作品の彼の良さを見てるとなー。才能があったから人気出たんだろうけど、綾部さんとはやっぱ力がなかったから売れてなかったんじゃないのかい?だったらコンビは元通りで売れてないけど、互いに売れるために頑張ろうでよかったんじゃないのかな?
べたやけどいい!
ワイC

ワイCの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

「(コンドーム)つけなくてもいいよね?」とか自慰したらいいじゃんって言うシーンとかまあまあえげつめの下ネタあって驚いた。
凪

凪の感想・評価

3.6
記録
好き!!
漫才がテーマの映画って
本当に笑えんのかいな〜って思って
見たら見事に笑った(笑)
最後のオチも良かった。
時系列がストレートで観やすいんだけど悪く言えば工夫がない。物語の深みに欠けるなっては思いました。

それとエンディングのSuperfly以外のBGMがどれもクソダサいかな。

飛夫(佐藤隆太)と鬼塚(上地雄輔)の留置所の出会いのシーンがもう一度観たかったので鑑賞始めましたが、そこ以外のシーンそんなに好きではなかったって思い出して後悔。

そんな矢先に宮川大輔の演技が以外とうまいって事に気付き、途中から宮川が出てくるのが楽しみでした。

元々役者志望だったみたいな話もありますね‼️

癖のある役を自然にこなせそう...

彼の出演する映画もっと増えて欲しいです✨

ソース煎餅。
普通に面白かった。特に
69

69の感想・評価

3.8
記録
>|