ワイルド7の作品情報・感想・評価

「ワイルド7」に投稿された感想・評価

Go

Goの感想・評価

1.5
【深田恭子かわうぃい】
別に好きではないんだけれども 映画の感想がこれ.
お察しください.

冒頭の凶悪な強盗を追跡するシーンで
桜の代紋を付けたトレーラーが走行中 後部から7台のバイク登場!Uターンしてトレーラーを追い抜き加速してゆく!
場面転換を挟み 犯人グループが逃走用のクルマに乗り込もうとしたその刹那!先ほどのトレーラーが突入してきて犯人グループのクルマをハネ飛ばす!
その後30秒ほど遅れてバイク集団が到着.
そして銃撃戦が始まったわけなんだけど…バイク集団はトレーラーに先行して走って行かなかったっけ???
あ!これはもうツッコみどころしかない映画だぞ?と.
そう悟ったわけですよ.

主人公チーム7人もいるわけなんですが 全員が元犯罪者である理由や各人物の背景があまり描かれておらず そこを俳優の個性で押し切ろうとしてる感じがあり 登場人物の名前も憶えないままダラっと見てしまいました.

瑛太からにじみ出る隠し切れないおぼっちゃま感が 国家ぐるみで存在を隠ぺいしている闇の処刑人らしさを完全に消し去り かつ ラノベに影響された男子中学生みたいなキャラクターのモノローグが痛々しい(笑)
原作マンガを知らないものの キャスティングはこれで合ってるのか?という疑問が産まれたね.

邦画なのにもかかわらず銃撃戦が多いアクション映画なんだけど どこかに違和感があって それは何か?と考えてみると 原因は『火薬の爆発によって弾丸を射出している』感じがないこと.
いくらなんでもグレネードランチャー片手撃ちして無反動はヒドくない?

そんな感じで最後まで他メンバーあまり目立たないまま少年マンガのおやくそく「ここは俺に任せて先に行け!」で瑛太はひとり黒幕へと迫るわけだが…
このよくある銃を向け合ったままおしゃべりするのどうにかならない?
臭っさいわぁ.
船越英一郎も臭い!
はよー撃てー!!☆1.5点
ss

ssの感想・評価

3.0
瑛太 良
紅掛

紅掛の感想・評価

2.5
もう少し 7人一人一人に光をあてて欲しかった
面白い、ジジイもワイルド7に入れてくれ。
バン、バン、撃ち殺したい。
深田恭子が格好良い。
Sayuri

Sayuriの感想・評価

3.0
どうしても丸山隆平で笑っちゃう
宇梶氏、椎名氏以外にワイルド感なし。背伸びして無理に悪感出している。そもそも日本人が日本でというのは限界があり過ぎ。そう言う意味では、枠内で目一杯頑張った方でしょうね。国民性からして、踊る…くらいの抜け感がちょうどいいのかなと。深キョンはこーゆーのやらしたら抜群!
莉々

莉々の感想・評価

3.0
2011.12
1969~79年に「週刊少年キング」に連載された人気漫画だそうです。

映画「海猿」の監督が撮ったそうで映像に迫力があり7人皆素敵でした。

12月1日と8日、2度試写会に
12月1日は上映前の諸注意コメントが
瑛太くんと丸山くん(関ジャニ)で・・・サプライズ感が凄くありました。
8日は阿部さんの舞台挨拶があったのでコメントはなかったのかも?・・・です。

同じ作品を試写会で観る機会がないので上映前の諸注意コメントのサプライズ感はよかったです。

主人公・飛葉大陸を演じる瑛太くんがもっともっとワイルドだったら・・・と思ってしまいました。
椎名桔平がめちゃくちゃにカッコ良かったです。
>|