マーニーの作品情報・感想・評価

「マーニー」に投稿された感想・評価

Canape

Canapeの感想・評価

3.4
記録 盗み癖とトラウマを抱えたマーニーとそこに現れたマークの人生のお話。マーニーが波乱万丈すぎ、マークも見方を変えれば変わっているけど言いようのない優しさも感じる。なんか良かった。
u

uの感想・評価

3.6
金庫から金持ち逃げするとこ、たしかに緊張感溢れるんだけど構図がコントっぽかったのが印象的。
ヒロインのトラウマが発覚するところを舞台劇調にしてるのもすごい好き。
『ザ・ガール〜』を見てからこの作品を見ると、映画内には描かれていないはずの舞台裏を勝手に想像してしまう。あの印象的だった旅立ちのシーンは、何と冒頭であったか。心理描写主体のサスペンスとしては、あまり好みではないかな。
xxx

xxxの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

初めてヒッチコック監督の作品を観ました。最初の方にちょこっと出演されていたヒッチコックが可愛い(笑)ショーン・コネリー目当てで観たのですが、本当に彼はカッコよすぎる。映画の内容は務め先で金を盗んでは消えていく嘘つき女の話。まぁその女性がビックリするくらい綺麗で可愛い。容姿端麗と言われてましたね。泥棒なのに美貌のおかげでショーン・コネリー演じるマークに凄く愛されて素直に羨ましかった。彼の寛大さには感心します。結局は見た目なんだなとしみじみ感じる。マーニーは泥棒だけど可愛いくて綺麗で最初は好きだったのだが後半に進むにつれて彼女に対してイライラしてしまった。少しボンド感が残っているショーン・コネリー最高でした。あんなに愛される事ってあるのかな?嘘をついている人を見るのって何故かしんどくなる。
otom

otomの感想・評価

3.8
ティッピー•ヘドレンのトラウマ回収の映画とするならば、いかに掃除のおばさんのところ等の演出が素晴らしかろうと凡作なイメージを持ってしまう。が、動物学者になり損ねたショーン•コネリーが目の前に現れたマーニーを希少生物か何かを見る目で興味を持ち、愛玩動物よろしく可愛がると云う見方をすると、サイコな感じでかなりゾッとくる。真意はどうか知らんけれども、やっぱりヒッチコックは面白い。
オープニング&エンドクレジットが好き。(カードみたいな柄がかわいい)
MODS

MODSの感想・評価

3.0
何だか動機が分かったようなわからなかったような。
あんまり人の心の動きが分からない作品でした。
YooMee

YooMeeの感想・評価

3.5
サスペンスとして観ると物足りない。ショーン・コネリーがニヤけている。
JAmmyWAng

JAmmyWAngの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

#HerTooじゃないけれども(もちろん「はあちゅう」でもないけれども)、ヒッチコックのティッピ・ヘドレンに対するハラスメントを知ってしまうと、『めまい』のように配慮を欠いた執着心でもって、『サイコ』のように母親に起因する心的不安定性を、『白い恐怖』のようにやたらと便利な精神分析(形式はフロイト的でありながら内容は全然フロイト的でない)で救済するという、過去に蓄積されたプロットを切り貼りしてティッピをI've made you mineする話みたいな、穿った見方をしてしまう感が無いと言えば嘘になるかなあと。やっぱりちょっと病的なところはあって、それ故の魅力もあるとは思うものの、でもハラスメントは本当にダメ。ゼッタイ。
>|