マーニーの作品情報・感想・評価・動画配信

「マーニー」に投稿された感想・評価

何だかおかしな話だな。

ただマーク(ショーンコネリー)がカッコよくて、それだけでも見て良かったなと思います。さすが007。タキシード姿も完璧でした。

マーニー役のティッピ・ヘドレンは、残念ながら私の好みでは無かったです。
ハル

ハルの感想・評価

3.2
ショーン・コネリーだったのか…。
「赤い恐怖」心理劇ですな。

ヒッチコック映画はいいねぇ(^^)
shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.3
豪華スター共演。なかなか鋭い
じっくりやるのもわかる内容だがちょっと長い。ラスト、ティッピー・ヘドレンのブロンドの髪をさりげなく風でなびかせるのが素晴らしい。
Marnie:アルフレッド・ヒッチコック監督、製作、ティッピ・ヘドレン、ショーン・コネリー主演、バーナード・ハーマン音楽、1964年作品。幼いときから赤色を極端に恐れ、盗癖があるなど異常な行動を取ってしまう女性マーニーと、彼女を救おうと奮闘する夫マークの姿を描いたサスペンス作品。

ヒッチコックの前作である「鳥」にもヒロイン役で出演していた美人さんのティッピ・ヘドレンが、全く違ったタイプのヒロインを演じている。これまで「白い恐怖」や「めまい」の高所恐怖症など人間の「トラウマ」をテーマにした作品はあったが、この作品ではその人間の「トラウマ」についてかなりじっくり描かれた物語になっている。

ショーン・コネリー扮する夫マークはとにかくマーニーに惚れ込んでいて、どこまでも彼女に対して寛大で献身的な対応。弱冠のロマンスなシーンも無くはないが、マーニーのヒステリーやパニックするシーンの連続なので少し残念。もう少し風貌だけでなく内面的にも素敵に思えるシーンを増やして欲しかった。

ショーン・コネリーは007でジェームズ・ボンド役としても絶頂期。違った味わいが出ていたと思う。ヒッチコックさんは序盤にマーニーがホテルの廊下を通過した後に開いた扉にチラリ(笑)
ゆりや

ゆりやの感想・評価

2.0
共感できず。
トラウマがあったら5件も盗みをして、務所に入らず謝ってまわればそれでいいのか?
banchou

banchouの感想・評価

3.8
心理描写の描き方うまいなぁ。
夢、色、親子、トラウマ、愛情うまく絡ませてきちんと着地しているのもさすが。
唐突に好きになったなぁ…と思ったけど、そういうもんなのかな?この頃のコネリーは全部007っぽい。
マティーニとオリーブ合いそう。
そしてインディジョーンズ狂の私には全て「パパジョーンズの若き日のやんちゃ」に見えるという…とりあえずショーンコネリーは大好き。
なお

なおの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

黄色のバッグを持って歩く後ろ姿のマーニー。撮り方ヒッチコックっぽい。
結婚するまでは面白かったのに〜金庫のシーンとか。
後半マーニーが赤色を怖がる理由が明かされるけど、もっとハラハラさせて😁

ショーン・コネリーがヒッチコック映画って意外。
男前だけどタイプではない😅

リルがもっと意地悪かと思ったらそうでもないし、他にマーニーと関わる人もなんかあっさり。

赤色が怖いマーニー。
マークの自宅階段の絨毯が赤いのにマーニー何故反応しないの⁇🤔
雷で窓ガラス思いっきり割れてるのにマークとマーニーの反応が⁉️
色々突っ込みどころがある。

ティッピの錯乱状態の演技は上手かった。
ティッピってドラマのニューヨーク恋物語に出てた時の李惠淑に雰囲気が似てる。特に唇が😊

(字幕)
>|