男はつらいよ 寅次郎忘れな草の作品情報・感想・評価

「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」に投稿された感想・評価

40 68 2013
清寿し
よこお

よこおの感想・評価

4.5
男はつらいよで一番好きかもしれない。
さくらが寅さんの財布にお金を入れるとこがすき。
シリーズ11作目。浅丘ルリ子が気ままで可愛くて、それでいて寂しい女性を演じている。シリーズでは一番映画としての間が綺麗だなって思った。

寅さんと映し鏡のようなリリーの生き方。しかし2人の帰る場所には決定的な違いがあった。
だからこそいつもよりとらやの温かみをじんわり実感できて、さくらが折り畳まれたお札をせっせと兄の財布に入れるシーンにじーんと来た。

この映画みてると、実家でのんびりしてる時間も夏の暑さも好きになる。
酔っぱらったリリーが夜更けに寅さんに会いに来て、泣いたり歌い出すリリーに「みんな昼間働いて疲れてるんだ」とたしなめる寅さんがいい。
tok

tokの感想・評価

3.7
見た気がするが定かではない
polkadot

polkadotの感想・評価

4.0
リリーとの回が一番すき(o^^o)
忍

忍の感想・評価

-
浅丘さんの歌が素敵。
タジ

タジの感想・評価

4.2
寅さんシリーズ第11作目『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』を鑑賞‼️リリーこと浅丘ルリ子と寅さんの初めての出会いの物語です😙♫
寅さんの始まりの音楽を聞くだけで、嬉しくなります‼️回想シーンの夢から目覚め、寅さんのテーマ曲が流れるあのパターンが素敵なんです‼️ついついイタズラしたり、バカなことをしてしまう寅さんがひょうきんでおかしいですね🤣
冒頭から父親の法事27回忌を忘れ、おいちゃんが死んだと勘違いしちゃうなんて笑いが止まらないですね〜♫
今回は寅さんからの片想いの恋ではなく、リリーからの愛に優しく応える寅さんです🤗
名言もたくさんありました😂「私たちみたいな生活は普通の人と違う、あってもなくてもどうでもいいみたいな、つまりあぶくみたいなもんだ」だけど寅さんは「風呂の屁じゃないけど、背中の方に回ってパチンだ🎈‼️」「労働者諸君‼️」
自由奔放で明るく無邪気だけど、どこか切なく悲しい顔がよぎるリリーが美しかったですね😆💕寅さんは今回は真面目に牧場で働くけれど、1日でダメダメになってしまいます🤣
好きなシーンは、網走に向かう夜汽車の中で初めて出会う寅さんの泣いているリリーを見つめる姿ですね‼️また、とらやの2階で夜寝る前にリリーと語り合う寅さんの楽しそうな顔が最高でした🌟お互い似た者同士で惹かれあっていく2人の姿は本当にお似合いでした‼️

このレビューはネタバレを含みます

○リリー初登場作品。他の作品群と違う雰囲気のある作品。

○寅さんと家族、リリーと母の対比。北海道の広大な大地とリリーの暗く狭い部屋の対比。まさしく映画らしい演出。

○リリーのキャラも良い。快活で男勝りながら孤独で寂しがり屋。洋風な顔立ちにスッと通る美声の持ち主。

○そんなリリーが酔っ払って夜に寅さんの元へ押し掛けるシーンで寅さんが常識的な対応を取るなんていう珍しいシーンが挿入される。それを機に二人は離れ離れになるが、この作品だからこそリリーが結婚して(いつものように)終わるのは残念。できれば手紙が来るか、おばちゃんとさくらの会話で少し登場するくらいにしてほしかった。

○とはいえ今作はシリーズでも上位に来る佳作。歴代マドンナの話やピアノ騒動など見所満載。
>|