HOLYDAY

マウス・ハントのHOLYDAYのレビュー・感想・評価

マウス・ハント(1997年製作の映画)
4.8
私がいままでみたコメディで最高の作品です。中年の兄弟が主役なのですが、おじの葬式中、棺桶を運ぶ時、レバーが外れ、棺桶が階段を滑り、段差で中の遺体が飛び出し、きりもみ回転しながら工事中のマンホールの下にすぽっと落ちていく。小学生の私は開いた口がふさがりませんでした。そしてそこからスタートロップの音楽がスタート。一見、コメディ満載のおふざけ映画にも見えますが、ただ笑わせにいってる映画ではないのがこの映画の好きなところ。貧しいための金銭的な渇望。生きるための努力。日常に起こりうる困難も笑い飛ばせるぞ、と言わんばかりにこの兄弟は見せてくれます。ホーム・アローンのような、ジャンピエールジュネのようなティム・バートンのような、、そんなシュールで非凡なカメラワークやタッチも面白い。
そして地味にクリストファーウォーケンのチョイ役ぶりがたまげました。
大好きな作品です。