ノンストップ・ガールの作品情報・感想・評価

「ノンストップ・ガール」に投稿された感想・評価

Filmo

Filmoの感想・評価

3.0
ヘザーがとってもかわいい映画です!
《あらすじ》
ジョリーンは2年前、カメラマンのカールと結婚し、信じていた通りの幸せな結婚生活を送っていた。が、ある日突然カールが置手紙を残し、出て行ってしまった。ジョリーンはカールに会うべく彼の送ってきた絵はがきを頼りに、アメリカ横断の旅に出るが・・・・・。


『ノンストップ・ガール』と言うからスピードギャグアクションかと思いきや、普通のテンポだった。
愛のあり方とは? 結婚とは? をコメディタッチで問いかけてくるのだが、ちょっと宗教的と言うか霊的と言うか変な方向にいくので、観賞後はモヤモヤした物が残る。
でもヘザー・グラハム(当時30歳)が可愛かったので観ている間は楽しかったので良しとしよう。
当たり前のことだが、たいていの映画は主演俳優をいかに魅力的に描く(撮る)かに腐心している。
オレ個人としては
「映画はヒロインが輝いていればいちおう成功」
という結論に達した今日この頃である。
ヘザー・グラハムがかわいいの一言に尽きる作品。この人もクリスティーナ・リッチと同じで本当にベビーフェイスだよなあ。

夫に献身的な妻、結婚の誓いを頑なに守ること=夫を守ることに全てを捧げている女性というテーマはまあ、分からなくもないが(そうかあ?)、わりとスピリチュアルな展開になっていくのは好き嫌いが分かれそう。

というかヘザーのキュートさに直球勝負をかけたような作品なので、ストーリーはどうでもいいのかもしれない。

ダメ男すぎるルーク・ウィルソンとラテン美女のパトリシア・ヴェラスケスも良かったなあ。って、あの役マーク・ラファロが演じてたの(びっくり)!?

あと主人公が着ているそんなデザインの服着る!?と思わず言ってしまいそうなダサTシャツも見ものだ。
もちこ

もちこの感想・評価

4.2
私は恋愛偏差値が異常に低い。
そんな私が大好きな恋愛映画です (*≧ω≦)

“誠実さは自分に戻るものだ”
“不実な人に誠実を尽くすのは一見バカらしい”
“でも相手がどうであれ-”
“計算はするまい”
“誠実さは誰のためだろう相手か自分か”

“でも自分の誠実さに従った”
“晴れやかだ”

つまりは自己満足なだけなんだけど
それでも結婚の誓いをしたなら
自分のできることは納得するまで
やりきりたい気持ち、わかります。


カール目線になると
ひたすら地獄ですが
自業自得でもあるので
笑えます(^w^)

自分が馴染めていないご近所と
めっちゃ仲良くなってたりw


ただ生真面目な日本人として
カルメンの仕事ぶりはどうかと思います (^o^;
旦那さん大好きな女の子が、ある日旦那さんに逃げられるんだけど、「これは神様が私に与えた試練なんだわ!」と、なぜかポジティブに捉えて旦那さんを探しにアメリカ横断の旅に出るっていうお話。

主演のヘザーグラハムの可愛さが大爆発してた!
もー、可愛くて可愛くてクラクラ♡
ビックリするくらいの小顔に、こぼれ落ちそうなほど大きい目。
瞳の色もめちゃめちゃ綺麗。
お人形さんかと思いました♡


正直、主人公はストーカーレベルだし痛い女なんだけど、それも全部許せちゃう!
「ストーカー妻、こわい……」ってなるはずが、ヘザーグラハムが最強の可愛さなので「旦那さんを全身全霊で愛してるのね!素敵!!」ってむしろ応援しちゃう不思議さ。
可愛いは正義!!

主人公のぶっ飛んだ性格についていけるかどうかでこの作品の好き嫌いが分かれてくると思うけど、私は大大大好きでしたー!!
主人公が、全然ひねくれてない性格ってのもすごく良かった◎
Harutam

Harutamの感想・評価

3.0
ヘザーグラハムが可愛い。
一見強気女子なんだけど大切な人のために一途。ちょっと怖くなるぐらいだけど、そこまで大切に思える人に巡り会えたことがいいなと思った。
てぃだ

てぃだの感想・評価

1.9
日本の古典読んでても分かるけど恋愛はホラーである。狂気である。ただし、結婚のときの「いついかなる時も・・」の誓いをひたすらに守り続ける女の個性がいまいち光り切れてなくてあんまり笑えない。諦めも意外と早いし。弟役のケイシーがさりげなく設け役
>|