Junkilucky

2001年宇宙の旅のJunkiluckyのネタバレレビュー・内容・結末

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

感無量。映画好きでよかった。
冒頭前の画面真っ暗のSEのとこ。何も映ってないはずの画面に沢山の星屑たちが飛び回ってた。真っ暗な部屋で初めてpinkfloydのmoreを聴いた時に、テレビの電源ランプが宇宙船に見えてしまった事件ばりのやーまん。
OPめちゃめちゃ綺麗だけど宇宙すぎて吸い込まれそうで怖いけどめちゃ綺麗わろた。
そして、冒頭の猿たちが人間になるキッカケを掴むところ。黒い叫び不協和音SE、黒いやつ、猿の気持ちになる。まじで鳥肌、心臓爆発するかと思った。
骨の残骸叩きこわすとこ完璧すぎてまじで笑った。
まじ完璧やん笑
他にも沢山思ったことあったけど情報量多すぎて忘れた。
未知の世界が周知の世界に変わった瞬間に、おれたちは黒いのに負けとるんやで。
キューブリックの頭の中が本当の真実でもおれは文句言わへんわ。
時間の概念は黒いやつの仕業かは分からないけど、この世界に当たり前に存在するお金っていう概念は、もしかすると未知の存在達()が齎した最大の攻撃っていうかなんていうかまあ意図的に残してったアレなのかもね笑
でももし攻撃的な意味合いなら、おれたち地球人はそんだけ怖い存在だったのかも?!?!

この映画すごすぎ。