2001年宇宙の旅の作品情報・感想・評価

2001年宇宙の旅1968年製作の映画)

2001: A SPACE ODYSSEY

製作国:

上映時間:139分

3.8

「2001年宇宙の旅」に投稿された感想・評価

20年の時を経て、やっと途中で寝ずに見れました。。

”インターステラー”見てから”2001年宇宙の旅”を見たからちゃんと最後まで見れたかも。。

”インターステラー”は”2001年宇宙の旅”の謎解きをしてるかのような映画だったんですね〜

人間の考えている"時間"という尺度は、
宇宙ではとてつもなくどうでもいい。
ということに夢があると思えるように作られてたのがインターステラーで
2001年宇宙の旅は、感情ゼロで、人間が物質的に描かれてて怖い。
そして無感情を煽るような機械音や不協和音がかなり気持ち悪い。。涙

人工知能との関係性で言うと、手塚治虫が火の鳥の宇宙編(未来と思いきや過去という設定)で書いてるのもちょうどこの映画と同じ頃で、手塚治虫すげ〜と思ってたけど、こちらに影響されてたのか。。?

音のせいで嫌な気分になるけど、人間の考える生死を超えた新しい価値観を描いたこの映画が高い評価をされているのは納得する。
とにかく人工物のすべてが魅力的!!フォントもかっこいい!!デザインが最高です。
人類の誕生から進化まで
独特の映像で展開される映画だから、
正直難しい内容ではあった!

でも何か惹きつけられる、
また観たくなる、
色々考えたくなる。。。

凄い映画だ!

観た日はお風呂に入ってても、
ずっとこの映画の事を考えていた!
かき

かきの感想・評価

5.0
ロサンゼルスで70mm版を鑑賞。

「オレは!今!アメリカの映画館で!『2001年』を観ている!!」という具合に鑑賞環境に興奮。
残念ながらシネラマ版は完売だったが、それでも大スクリーンと大音響に満足。

VODも便利だが、やはり経験として残る映画館での鑑賞には代え難い良さがある。


という、サラッと書いた風自慢でした。
満ちる

満ちるの感想・評価

3.8
往年の名作、以前観た時は寝てしまったため改めて視聴しました。

強烈に残るのは、卓越した映像の美しさとHAL9000の命乞いのシーン。
デイジーを歌うHALの声がどんどん瓦解していくところなどは、胸の詰まる思いがします。

モノリスは文明、あるいは知性、あるいは時間の象徴のように思え、画面に登場するとなんとも言えない不気味な佇まいに若干恐怖を駆られました。

これが50年以上前に作られているとはとても思えない。
いつ観ても褪せることない新しさを孕んでいる。
月並みながら、そう感じさせる作品でした。
yatt0825

yatt0825の感想・評価

3.0
ネタバレ解説読んだら腑に落ちる感ある
やまり

やまりの感想・評価

3.0
一つ一つの動作とストーリーの進み方が遅すぎて、ただただ眠かった。
mkm

mkmの感想・評価

3.9
60年代に作られた作品であることが本当に恐ろしい。

初見では猿パート要るか??って思ったけど今ならわかる気がする。
かのみ

かのみの感想・評価

3.5
最初PCディスプレイが壊れたかと思い焦った
>|