2001年宇宙の旅の作品情報・感想・評価

2001年宇宙の旅1968年製作の映画)

2001: A SPACE ODYSSEY

製作国:

上映時間:139分

3.8

「2001年宇宙の旅」に投稿された感想・評価

なつみ

なつみの感想・評価

4.0
見終わった後、家に帰るまで身体の芯がずっと震えていた。
恐怖感とはまたちょっと違う。
"不安"という言葉が1番近いかな。
正直、初見だと意味不明なシーンも多く
帰ってから解説を調べて更にゾクゾクした。
今見てもまったく古さを感じない。
むしろ、まだまだ彼の作品に時代が追いついていない。
改めて彼の魅力にハマる一作👍🏻
ぺこ

ぺこの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

これ50年前の映画なんだ…と、観ている最中何回か思っていました。
小説の方を読んでおらず、内容も完全には理解していないので、最後のシーンはどういう事だったんだろう、と終わってからずーっと頭の中をぐるぐるぐるぐる。

他の映画のように、わかりやすく「すごい面白かった!」という感覚はなかったけど、内容について考える、頭から離れないようにする魅力があるように感じました。

個人的には命乞いするHALが一番印象に残りました。
saachii

saachiiの感想・評価

3.5
宇宙映画はとにかく難しいの一言に尽きる。
50年前の思う2001年がこんな感じやったなら現代は進んでないんやなあと、エヴァを観てもAKIRAを観ても実感するね。
最初は古い映画やから、上映トラブルでも起きたんかと思わせるぐらい不安煽ってくるし、音がとにかく怖いわ!
HAL9000見てると、AIに人類が乗っ取られるのが容易に想像出来ました。
視覚効果賞のお見本ともいえる映像でほんとすごかった。
インターステラー、インセプションがいかにこの映画から影響を受けたのかすごくよく分かりました。
途中でintermission-休憩-の文字出た時は、長いし頭使いすぎて疲れたやろうからリラックス映像でも流されるんかなって思ったらただのトイレ休憩でした。
不朽のSFということで、IMAX再上映で鑑賞してきました🙇‍♂️

色々考えながらみれて、とにかく物凄かったです!!
HALとの対話が凄く興味深かった。コンピューターだし、嘘はつかないのでは?と思って観てました。

序盤の猿のシーンもああやって人間まで進化してきたのだなと、しみじみと考え込んで面白い作品です。

続編あるとのことで。終盤の展開も気になるので必ず観ます!
ide

ideの感想・評価

3.6
TOHOシネマズ新宿IMAX
IMAXで見たらそりゃ最高だよな。上映1分前には音楽が流れ、途中休憩もあるという贅沢な映画体験ができた。ヘイトフルエイトもこんな風に見たかった。

クラシック音楽が最高で、20世紀のルネサンスといっても過言ではない。クラシック音楽に加え、今回もキューブリックらしさ(左右対称の映像美、Kubrick stare、モダンでポップな美術などなど)全開で素晴らしいかった。

手塚治虫とのコラボが実現されなかったのが残念。
Tsubasa

Tsubasaの感想・評価

4.5
全然内容理解できなかったけど、この映画やばいってのは分かった。

親がこの映画好きで薦められてたけど長いという理由でずっと避けていた映画。今回IMAXで上映されると知って見てみた。
長いけど無駄がないそういう映画だった。

作られたのは50年前にも関わらずタブレットが出てきたり、無重力空間を再現したり。(タブレットはテレビを机の下に入れたり。無重力は巨大な円形のセットをぐるぐる回してたりとか。)
あのスターゲイトのシーンは本当にずっとみてたいと思ってしまった。

キューブリック作品はシャイニング、時計じかけのオレンジとこれしかまだ観てないけど、本当に音楽の使い方が上手いなと思いました。

今作の続きの2010年とかスピルバーグのA.Iも観てみたいな~。

そしてHAL9000が乗組員の口の動きを読み、そしてハルの赤い点がアップになった次の瞬間、「intermission 休憩」の文字が映し出されて、あー、HAL9000も休憩が必要なんだと思ったら、ただただ映画長いからトイレ休憩の時間で、もうそこが1番衝撃的だった。(ちゃんと入口に書いてあったけどみてなかった。)
IMAX上映行ってきました
昔DVDで観たけど映画館で観るのは初
時代を先取りしすぎた作品で公開から50年経った今観ても未来の映画かと思える、もはやオーパーツ的作品
と同時に皆大好きディスカバリー号のパートまでに寝息がスーピー聞こえてくるヤバい作品でもありますよねw
スーピー気になるわー💢
やっとこれからハラハラって時にインターミッション入りました
わー、休憩入るの初めてだ
(今思うとクーリンチェ4時間ぶっ通しってイカれてますねw)
そしてHAL9000パート、面白すぎますよね凄い恐いし
スターゲートのシーンはIMAXで観ることが出来て本当良かった

なんつって今更だけど日記ですねこれw
SF映画の金字塔だし皆観てるしいっか
べ、べ、別に2回目なのに理解できてないから書けないわけじゃないんですよょょ!
観るんじゃない!体験するんだ!って作品だからいいんです!
でも分かって無くても目が離せなくて楽しんでいる私がいましたよ
貴重な体験でした

「やっぱキューブリックだよね」って分かった顔して映画館出るのがトレンドです

点数は現時点でのfilmarksの点数にしました
オカダ

オカダの感想・評価

4.5
なるほどこれは体感映画
なすび

なすびの感想・評価

3.0
IMAXにてこれを逃したら大画面で見れないかもって駆け込んできた!!!1年10ヶ月ぶり2回目の鑑賞

なんか……この映画って変な映画だなぁってつくづく思いました笑
いや!だってまずオープニング前(?)に画面暗いまま怪しげな音楽ずっと流れてて「機械の故障…?なんかこわいし帰っていいかな…?」って始まる前から不安になり、謎の類人猿シーンが思ったより長くあり、前半の博士パートもこれといったお話の展開はないし、インターミッションの休憩時間めちゃくちゃ長いし(これまた不安になる笑)後半のHALパートがちょっと面白くなるけど宇宙空間での動きがノロノロしてるからなかなかに眠くなるし笑、そっから目がチカチカする映像気が狂うほど見せられ、んで最後に意味不明なシーン…そして極め付けはエンドロールの後画面暗くなってもずっと流れ続ける音楽。。。。。帰るタイミングいつ!?!?!これ永遠に流れてたら永遠に帰れないよ!!!😱😭

いやぁ、変な映画だなぁ笑
技術的にはこれが1968年とは驚くけど、やはり面白いのか好きかと言われると自分的には否である!!!

唯一好きなところはHALで、最初HALの自己中心的な態度にめちゃくちゃイライラして「ほんとこいつは自分のことしか考えてないしプライド高いしムカつく😡早くシステム止められろ」って思ってたけど「なんかこの感じあれ…自分に似てね?」って気付いちゃってから急に泣けた笑 あんなに余裕ぶっこいて冷たい態度して見放してたのに、いざ自分が捨てられる窮地に追い込まれると情にすがろうと1人でたくさん喋り出して…私もやったことある😭😭😭HALは捻くれ者で自己愛が強すぎて自分以外のものを見下してててほんと嫌なやつだけど、やっぱ悪い奴やないんよなぁ…そこんとこ皆さん許してやってください😭(相変わらずこういう所が自分の自己愛の強さの現れである…)

後ろの席の人も一緒に見た友だちも、途中とかに流れるあのカップヌードルの音楽の「テ〜テ〜テ〜テーテー!」の最後のテーテー!が怖いって言ってた笑 IMAXの音でかすぎてほんと心臓に悪い😂

あ〜〜怖かったし疲れたし不安な気持ちになったし…しばらくIMAXはいいかなって思ったしもうこの映画はあと10年くらいは見なくていいや☺️☺️☺️お疲れ様でした!!!

最初の方のテレビ電話する博士の娘のモジモジ感がツボw
「誕生日に欲しいもの何かあるかい?」
「ん〜〜(モジモジモジモジ)電話(モジモジ)」
かわいいっ!
>|